« 土の中にまあるい実をつけるジャガイモ。 | トップページ | ウナギばかりではない実山椒の粉。 »

2011年7月29日 (金)

「そばスープのジュンサイがけ」がおいしい。

Verano1
今日は、ご会席のご予約が、
昼も、夜も入り、目の回るような、、、
といっても、実際には目は回らなかった1日だった。

皆さん、ご利用ありがとうございました。

かんだたのコース料理は、
野菜を中心とした手作り料理、
素朴な味わいを楽しんでいただけるように心がけていただいている。

そば屋のコース料理といえば、
皆さん、すぐに天ぷらを思い浮かべるようご様子だが、
残念ながら、天ぷらは山菜の季節以外はやっていない。

今は、畑の野菜も、最盛期なので、
長野ならでの丸ナスの揚げ浸しや、
フルーツトマトの甘酢漬けなどは好評いただいている。

そば屋なので、できるだけ、そばを使った料理を考えるが、
夏の料理として、気に入っているのがこちら。

 

Verano2

せっかく、国内産の石臼挽きの、
甘味の強い粉を使っているので、
その風味を活かした冷たいそばスープ。

昆布だしと、海の水から作った塩を使った、
素朴な味つけ。
そこに、コリコリ、ヌルっとした食感の、
秋田産のジュンサイを落とす。
あえて余計なものは入れない。

これがねえ、
なかなか、深い味わいがあるんだ。

あっ、ジュンサイはやっぱり、
東北産がいい。
安い輸入物には、この、コリコリ感が無いからね。

そうして、定番のそば寿司。

Verano3

茹でたそばを、
海苔や稲荷で包むのもいいけれど、
かんだたでは、茹でた更科そばを、
生ハム、スモークサーモン、そしてタラコで巻いている。

正確に言うと、
タラコは、そば板でタラコを巻く形になっている。

何に巻くにしても、
そば寿司は、とても手間のかかる料理だ。
食べるのは、一瞬だけれどね。

Verano4



→→→人気blogランキング

 

 


|

« 土の中にまあるい実をつけるジャガイモ。 | トップページ | ウナギばかりではない実山椒の粉。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土の中にまあるい実をつけるジャガイモ。 | トップページ | ウナギばかりではない実山椒の粉。 »