« 有名人だからといって、、、でも、、。 | トップページ | 身体においしい野菜を作りたい。 »

2011年6月14日 (火)

畑で作る蕎麦にも国の交付金。

山を背にして広がる斜面に、
白い花が一面に咲いた蕎麦畑。

私たちは、蕎麦についてそういうイメージがあるのだが、
現実は、蕎麦の産地であるここ長野でさえ、
山の畑にそばの花を見ることは少なくなってしまった。

以前に書いたように、
国産の蕎麦の栽培は、田で行われていることが多い。
これは、休耕田を利用したもの。
米からの転作の奨励金が出たので、
農家としては、手間のかからない蕎麦を植えてたわけだ。

山の畑では、
そういう補助金も無く、
狭くて傾斜のある畑では機械も入らず、
反あたりの収量の悪い蕎麦は、敬遠されてきたしまったようだ。

でも、
今年からは、畑に蕎麦を植える農家が増えるかもしれない。

これは、民主党政権になってから始まった、
農業者戸別所得補償制度という、
ある特定の作物に交付金を出して、
農家を支援する制度、、、
すみません、
詳しいことは、よくわからないのだが、
その制度が、今年からは、
畑で作る蕎麦にも交付金を払うことになったのだ。

その金額が、農家にとってどのくらいの魅力なのかは判らないが、
少なくとも、流通している玄そばの価格と比較すると、
かなりの割合を占めることになる。

その他にも、
耕作放棄地に、あらたに蕎麦を植えた場合や、
品質の高低によって、さらに交付金が出るらしい。
長野市でも、独自の制度として、
キロあたり30円から70円の奨励金を払うという。

もちろん、
こういう制度には様々な制約があり、
すべての農家に当てはまる訳ではないだろう。
でも、少しでも、蕎麦を栽培する農家、
特に、耕作放棄地が目立つ中山間地の畑で、
蕎麦を植える人が増えてくれればと思う。

そうすれば、23パーセントといわれる、
蕎麦の自給率も上がってくるかもしれない。


、、、で、国産の蕎麦がたくさんできれば、
今度は、それはそれで、
また別の問題がある、、、、
という話は、またの機会に。

 

→→→人気blogランキング

 

 

|

« 有名人だからといって、、、でも、、。 | トップページ | 身体においしい野菜を作りたい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 有名人だからといって、、、でも、、。 | トップページ | 身体においしい野菜を作りたい。 »