« 節電 | トップページ | 初夏の野の香り「草切り」 »

2011年5月 4日 (水)

行列と名簿

このゴールデンウィークには、
多くの方にご来店いただきありがとうございました。
長い間お待たせをしたり、
そばが無くなってしまったりで、
ご迷惑をおかけしたお客様、
たいへん申し訳ございませんでした。

震災以降、
静かな営業が続いていたので、
連休はどうなることかと思っていたけれど、
例年通りのにぎわいとなって、
ほっとしたところ。

お客様がたくさん来ていただくのはうれしいのだけれど、
かんだたの店は、
一階がカウンター7席、
二階が二人用テーブルが6個で、
20人が入ればいっぱいになってしまう小さな店。

東京の満員電車みたいに、
立ったままぎゅうぎゅうに詰め込めば、
まあ100人ぐらいは入りそうだけれど、
それでは、おそばをお出しすることができない。

だから、
どうしても、
満席の場合には、
店の外でお待ちいただくことになってしまう。

今までは、そのまま、
並んで待っていただいたが、
スタッフの提案で、
お待ちいただいたお客様に、
順番に名前を書いていただくことにした。

でも、
皆さん、
ちゃんと名前を書いていただけるのだろうか。
過去に、他の店で何度か、
この名簿についてのトラブルを見たことのある私としては、
ちょっと、不安もあった。

 

List 
そうしたら、
皆さん、きちんと名前と人数を書いていただいている。
しかも、スタッフが呼び間違えないように、
カタカナで書かれている。
なるほど、
今の方々は、いろいろな店に食べに行っていて、
こういうシステムに慣れていらっしゃるのだ。

でも、そば屋には、
そういうことに不慣れなご年配の方もいらっしゃる。
そういう方は、大丈夫だろうか、、、
と心配していたら、、、、

やっぱり、、、、。

スタッフの話によると、
名簿の順番に、ある方のお名前を呼んだら、
呼ばれた若い方が言ったそうだ。
「こちらの方が先ですよ。」

指されたその年配のお客様のお名前は、
その三つぐらい先。
「名前を書いたのは私たち先ですけれど、
 お待ちしていたのは、
 こちらの方が先です。」
と、若い方がおっしゃったそうだ。

待っている他の方もうなずくので、
スタッフは、その年配のお客様を、
先にご案内したそうだ。
きっと、並んだ時に名前を書くということに気づかず、
あとから書かかれたのだろう。

名簿にこだわらず、
ちゃんと、
並んだ順番を守っていただいたのだねえ。

かんだたは、こういういいお客様に、
支えられているんだ。
うれしいものだ。
私も、それに応えられる仕事をしなければと、
心から思う。

震災の時に海外から賞賛された日本人の律儀さ。
とても、大切にしなければならないことだ。

ということで、かんだたでは
年にほんの数日だけ出現する、
名簿のお話、、、でした。



→→→人気blogランキング

 

 



|

« 節電 | トップページ | 初夏の野の香り「草切り」 »

コメント

そばの順番待ちでの若い人が、私よりそちらの人が先ですの
話、立派ですね出来そうで出来ないかもしれないし、あたりまえかも知れないし、自動車の運転してても感じますね、
本当にそばを楽しみに「そばを」愛してる、愛好者ですね。

感動します

投稿: あらい さん | 2011年5月10日 (火) 10時01分

あらい さん、 こんにちは。

今の若いかたがたは、けっこう行儀がいいですね。こういうお客さんばかりで、うれしい限りです。

投稿: かんだた | 2011年5月10日 (火) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 節電 | トップページ | 初夏の野の香り「草切り」 »