« 表現のしようがない美味さ「キャビアそば」。 | トップページ | 行列と名簿 »

2011年4月26日 (火)

節電

はじめての海外旅行で訪れたのが、
フランスはパリ。
もう30年以上も前のこと。
言葉も通じないのに、飛び込みで安ホテルを見つけ、
やっと、部屋に入って一安心。

さて、町を散策すべく、
部屋の扉を開けて廊下に出ようとすると、
何と真っ暗。
あれっ、廊下の電気が消えている。
困ったなあ、これでは、どこに向かって歩いていいのか判らない。
だいいち、人が居ても判らないので物騒だ。

よくみると、暗闇の中にボォーと光るものがある。
何となく手を伸ばしてそこに触ると、
廊下の電気がぱっと点いた。
なるほど、これがスイッチだったのだ。
それならば消すのはどうするの?
もう一度そのスイッチを押しても、電気は消えない。
よくわからないけれど、まあいいや、
と思って、部屋の鍵をかけて、廊下を歩き出すと、
再び真っ暗に。
そうしたら、近くの壁にボォーと光るものが。
それを押して再び点灯。

時間がくれば、自動的に電気が消えるシステムになっているのだね。

これは、
わたしの泊まるような安宿だから、
電気をケチるために付いているのだなぁ、
と思っていたら、
ヨーロッパでは、当たり前の装置のようだ。
友人と会った、そこそこいいホテルでも、
廊下は同じようなシステムになっていた。

なるほど、必要でない場所には、
電気は使わない。
そんな考え方が、
ヨーロッパには浸透しているようにみえる。

それにひきかえ、
日本では、ホテルなどで、こういう装置が使われているのをみたことがないなあ。
まあ、習慣がないからなのかもしれない。

しかしながら、
今のような状況になると、
少しでも、
そのような気持ちを持つことも、
必要になってくる気がする。

ある照明屋さんに言わせると、
日本の家は明るすぎるのだそうだ。
部屋全体を、万遍なく照らす傾向にあると言う。
必要なところにだけ光が当たるようにすれば、
電気も少なく、落ち着いた雰囲気がでるという。
なるほど。

ということでもないが、
たまたま見つけた安売りのLED電球。
しかも、調光器対応とのことで、
店のカウンターの電球を五個すべて、
それに交換した。

Luz1
最初は、雰囲気が変わったり、
料理の色合いが変わったりするのではないかと心配したが、
それほどの変わりようはないようだ。

ほとんどのお客様も、
変えたことに気がつかないご様子だが、
ところが、やはり、
敏感な方もいらっしゃる。
「あれっ、ライトを変えたね。」

その方の職業はカメラマン。
やっぱり、判る人は判るのですね。

Luz2  
カタログによれば4万時間の寿命だそうで、
毎日15時間使ったとしても8年は交換不要ということになる。

電気は今までも6分の1になる予定。
で、
少しは節電になるかなあ。
いや、
もっと
根本的な暮らしの見直しが、
必要な気がするけれど、、、、。

せめて、電気をたくさん使う「冷凍食品」よりも、
流通段階では電気をあまり使わない「そば」を、
食べよう、、、、なんて、強引すぎるか、、、。

 

→→→人気blogランキング

 

 


|

« 表現のしようがない美味さ「キャビアそば」。 | トップページ | 行列と名簿 »

コメント

確か…東芝(だったかな)は、
一般の白熱球の製造をやめたそうですね。

CO2削減のエコ目的のようですが、
今回の大震災で、一層白熱球が消えていくかも知れません。

おそばをおいしそうに見せる照明はどんな感じなのでしょう。

あ~、食べたくなってきました。
また、伺います。

投稿: 大塚 | 2011年4月27日 (水) 19時18分

大塚 さん、こんにちは。
個人的には、フィラメントで光る白熱電球の光が好きです。なにか暖かみがある気がします。電球に直接触ると熱いですが、、。

LED電球は見た目はあまり変わりませんが、影がぼやっとします。そばや料理の陰影が、はっきりしなくなったような気がしてしまいますね。

投稿: かんだた | 2011年4月28日 (木) 15時45分

はじめまして。

現在フランスに住んで1年半のyukoと申します。

台東区下町生まれなので蕎麦が大好きなのですが、
やはりパリでは美味しいお蕎麦に出会うのは難しいです。。。

フランスでは殆どのアパートも(日本で言うマンションレベルも全てアパートと呼ぶので、なんとなくしっくりこないのですが)
押すと電気が一定時間だけつくようになっています。
最初は暗くて嫌だったのですが、最近は慣れてきて普通と感じるようになりました。

最近はスーパーで、フランス郷土料理のクレープに使う蕎麦粉を
何とか手打ち蕎麦に出来ないか試行錯誤しているのですが、日本ではもっぱら食べる専門だったのでなかなか上手く行かないですね(笑

こちらであるもので何か使えるものはないか探したりしていますが、蕎麦粉もいつ収穫したのか分からないし(色は黒めなので「挽きぐるみ」というやつなのでしょうか、詳しく存じないので判断がつかないのですが...)小麦と2:8で打ってみても端がポロポロと割れてしまいます。
多分小麦以外に入れないといけない気がして、グルテン粉とタピオカ粉を購入しましたがまだ試していません。

自分で食べるだけなのである程度蕎麦を感じられればいいと思っています(日本と同じレベルのような素材の高望みは出来ないので^^;)

かんだたさんのブログを読ませて頂き、いくつか参考になることがありました。ありがとうございます。
これからもブログを読ませていただきたいと思います。

またコメントさせていただきたいと思います。
では。

投稿: yuko | 2011年6月 8日 (水) 17時54分

yuko さん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
パリにご在住なのですね。
クレープ用のそば粉で、そばを作ろうと努力されているとは、すごいですね。

つなぎにグルテンやタピオカ粉を使うと、かなり食感が変わりますので、できれば小麦だけでつないでみることをお勧めします。
小麦粉は日本でいうところの強力粉を使うのですが、フランスパン用の小麦粉は、準強力粉ですので、ブレッド用の小麦粉があれば、そちらを使われた方がいいかもしれません。

つなぎにくい粉を使う時には、卵つなぎ(1キロ分の粉を廻す水に全卵一個を溶く)、友つなぎ(最初に4分の一ぐらいのそば粉をそばがきにして、残りの粉を練り込んで行く)などの方法があります。
状況が判らないのに、いろいろと言ってすみません。
ぜひ、江戸っ子の心意気で、パリのそばを作ってください。

投稿: かんだた | 2011年6月 9日 (木) 16時34分

かんだた さん、コメントありがとうございます。

実はコメントを書いた直後に、グルテンとタピオカ粉を試したくなって、蕎麦粉200g小麦40gタピオカ10gグルテン小1/2で打ってみましたが、端のポロポロは変わらず、しかも茹でたら表面がやたらつるつる、そしてそば粉の凹凸で、かんだたさんのおっしゃるとおりかなり食感の違うものになってしまいました^^;

タピオカ粉とかは市販の生うどんなどに入っているとネットで書いてあったので、そばに使うのは無理があると実感しました(苦笑

次回は、かんだたさんのアドバイスを実施してみたいと思います。
また報告させていただきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿: yuko | 2011年6月 9日 (木) 18時18分

yuko さん、こんにちは。

あっ、もう試されたのですね。
タピオカ粉は、コンビニなどで売られてそばなどにも使われていますが、アルファ化して、増粘材として、あるいは食感の調整に使われているみたいです。
手打ちのつなぎには、やっぱり向かないのでしょう。
でも、いろいろと試されているうちに、いいおそばができるかもしれませんね。

投稿: かんだた | 2011年6月10日 (金) 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 表現のしようがない美味さ「キャビアそば」。 | トップページ | 行列と名簿 »