« たまには厨房の大掃除。 | トップページ | 十分少々のサンプル打ち。 »

2011年3月28日 (月)

海苔を打ち込んだ「磯切り」。

毎年三月は「磯切り」をしているのだが、
ここのところ「あおさ」を使っていた。
それはそれで、磯の風味は立つのだけれど、
今回は、
黒い焼き海苔を使ってそばを作ってみた。

まず、
有明産の海苔を軽くあぶる。
(電子レンジに入れてチン!という方法もある。)
そうして、パリパリにしておいて、
細かくちぎってから、
ミキサーのミル機能を使って粉砕。
それを、細かいふるいを通して、
やや加水量を多めにした更級粉に混ぜて打ち込む。

 

Nori1  
正直言って、
打つのはやや難しいそば。
わざわざ乾燥させて作られた海苔なのだから、
そばに練り込むと、
どんどん水分を吸い込んでしまう。
そこの水分を加減しながら、
とにかく均一に練り込む。

なにしろ、乾いた時には細かな粉だった海苔が、
水分を吸えば不定形に広がる。
麺線を保てない可能性があるので、
少し太めに切る。
、、、て、
こういう繊維のあるものを打ち込んだ時には、
切るのもたいへん。
包丁を前後に大きく動かして、
一気に切り込んでいく。

ということで、
海苔を打ち込んだ「磯切り」。

Nori2
はははっ、真っ黒ではなく、
グレーという感じの色合い。

「なにか、あまり食慾のわかない色ねえ。」
とスタッフに言われてしまった。

でも、
食べてみると、なかなかの味わい。
というか、食べ慣れた海苔の香りで、
なにか、ほっとするような気持ちにさせる味。

あるお客様の言うことには、
「おおタイムリーだねえ。
 海苔のヨウ素で、放射性ヨウ素を防ごうってわけだ。」

いえいえ、
先月に企画した時には、
決してそんなことを予想した訳はありません、、。
皆さん、敏感になられていらっしゃるようですね。

とにかく、今の事態が、
早く落ち着くことを願うばかり。
ちなみに、海苔等の海藻に含まれているヨウ素を採りすぎると、
逆に甲状腺腫をまねき、
身体の発達を促す甲状腺ホルモンの低下を招くそうだ。
ほどほどにしましょうね。

ということで、
来月は、
その頃長野ではサクラが満開、、、、、
ということを予想して、
4月17日(日)に「サクラ切り」。
乞うご期待!


 

→→→人気blogランキング

 


|

« たまには厨房の大掃除。 | トップページ | 十分少々のサンプル打ち。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たまには厨房の大掃除。 | トップページ | 十分少々のサンプル打ち。 »