« 農林水産省が昨年の蕎麦の作況のデーターを発表。 | トップページ | 一日経ったそば »

2011年2月12日 (土)

今更驚く薬の効能

私は毎日店にこもってそばを打っているので、
つい、
世の中の流行に疎くなる。

そのうえ、
テレビは見ないし、
携帯電話も持ってない。
だから、今、どんなことがはやっているのか、
どんな人が人気なのか、
ちっとも判らないのだ。

だから、私は、
世の中の流行とは、
縁のないことだと思っていたのに、、、、

向こうから来る流行って言うものもあるのだね。
といことで、
見事にはまってしまった。

医者で鼻の穴に麺棒を入れられて、
インフルエンザの試験。
どうなるかと思って20分待っていると、
はい、「A型」に合格!
38度を超える熱に、頭痛、腰痛、
咳に鼻水と苦しんでいたのに、
もらった薬を飲むと、
少なくとも、熱だけはすぐに下がってきた。

それでも、身体の重さと風邪の諸症状は治まらない。
仕方がなしに一日休業。
こんな、流行に乗ってしまうなんて、
今更ながら、自分の注意不足を呪うのだ。

でも、
この薬、
確かに良く効くようだ。

Tamiflu
薬の容量は僅か75ミリグラム。
私の体重は64キロ。
私の体重の、たった百万分の一の重さの薬が入っただけで、
あの苦しい熱が治まるのだ。

これってすごいことでもあるし、
怖いことでもある気がする。

ともかく、
皆さんもインフルエンザには、
お気をつけてお過ごしください。

 

→→→人気blogランキング

 

|

« 農林水産省が昨年の蕎麦の作況のデーターを発表。 | トップページ | 一日経ったそば »

コメント

取り急ぎ…(細かいところをごめんなさい。)

64キロは、64000グラムで、
75ミリグラムは、0.075グラムだと思うので、

64000 ÷ 0.075 = 853333.333… かな。

とすると、約100万分の一だと思うのです。
ちがうかな。

まぁ、百万も一億も体にとっては、
同じくらい微量ですよね。

ところで、
AとBでは差があるようで…。
Aの方が快復に時間がかかるようです。

どうぞご自愛ください。

投稿: 大塚 | 2011年2月14日 (月) 16時55分

大塚 さん、こんにちは。
あっ、ありがとうございます。
なにやら、ボケーとした頭で計算したみたいで、完全に思い違っていました。
早速訂正いたします。

薬で熱は下がったのですが、
咳とだるさはなかなか消えませんね。
大塚さんも、お気をつけてお過ごしください。

投稿: かんだた | 2011年2月14日 (月) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 農林水産省が昨年の蕎麦の作況のデーターを発表。 | トップページ | 一日経ったそば »