« 寒い日にこそ欠かせない準備運動。 | トップページ | 本葛粉を使った「そば豆腐」 »

2011年1月13日 (木)

長野ならではの「野沢菜漬け切り」

今年の長野は、雪は少ないが、
とにかく寒い。
その凍った道で、滑って怪我をする人が多いとか。
特に中年過ぎの女性が危ないそうだ。
「かんだた」にも一人、
手にギブスをはめた人がいますが、、、。
皆さん、気をつけましょう。

で、長野でこの季節においしくなるのが漬け物。
その中でも野沢菜は、
この長野県北部を代表するものだろうなあ。

最近は、漬ける家も減っているとのことだが、
各家庭によって味が違ったりして、
それぞれに、自慢の味が楽しめたりする。

Nozawana2
さて、
そば屋としては、
この野沢菜漬けを、そばに打ち込んだらどうなるか、
と前々から気になっていたのだけれど、
この火曜日の「十割そばの夕べ」の変わりそばで、
挑戦させていただいた。

店では野沢菜を漬けていないので、
地元の漬け物屋さんのものを使用。

先ず塩分が強いので、
一晩水につけて塩抜き。

その後、粗めのペーストにして、
湯ごねした更級粉に混ぜる。

Nozawana3

漬け物独特の酸っぱい匂いを嗅ぎながら、
こねて、延ばして、たたむ。
そこまでは問題はないが、
こういう繊維質の多い混ぜ物の場合は、
切るのが、意外と厄介だ。
包丁を大きく滑らせて、
一本一本切断面をはっきりと見せるように、
意識して切っていく。

そうして出来たのがこちら。

Nozawana4

写真では判りにくいが、
淡い緑色のきれいな色のそばになった。

Nozawana1
粗めのペーストなので、
所々に、緑のホシも残っている。

でも、
肝心の味の方は、、、、
、、、なんとなく、口の中に漬け物の匂いが残る、、、
ぐらいの感じ。
もともと、味の強い漬け物ではないので、
そのくらいでいいのかもしれない。

ということで、
今回の「十割そばの夕べ」も、
皆さん、ご参加ありがとうございました。
まだまだ、変わりそばのネタは尽きませんねえ。

 

→→→人気blogランキング

 

|

« 寒い日にこそ欠かせない準備運動。 | トップページ | 本葛粉を使った「そば豆腐」 »

コメント

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ということで、

今年初のかんだたさんのおそばが、
野沢菜切りでした。

淡い緑の色もきれい、緑の星もいい感じ…。
おいしくいただきました。

それはそうと、
女将さん、
腕のギプス、はやくとれるといいですね。
雪が降って足下が滑るので、
お気をつけて。

投稿: 大塚 | 2011年1月15日 (土) 19時53分

大塚 さん、こんにちは。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
お忙しい中を、わざわざお越し頂き、ありがとうございます。

ギブスは一ヶ月かかるのだそうで、
その後、リハビリをするので、
なおるまでには、けっこう時間がかかりそうです。
ご心配をおかけして申し訳ありません。

投稿: かんだた | 2011年1月16日 (日) 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒い日にこそ欠かせない準備運動。 | トップページ | 本葛粉を使った「そば豆腐」 »