« 年神様を迎えて、世界中が幸せになりますように。 | トップページ | 長野ならではの「野沢菜漬け切り」 »

2011年1月 7日 (金)

寒い日にこそ欠かせない準備運動。

今朝の長野は、
うっすらと雪化粧。
気温もマイナス4度ぐらい。
昼間は日が射したが気温が上がらず、
最高気温が0度までいかない真冬日となったようだ。

さて、そばを打とうとして、
店の外側に面していてる、そば打ち場の室温は、
どれどれ、、、

Temperatura
プラス5度。

窓の外に比べれば、
はるかに暖かい、、、、!

急激な温度の変化を嫌うそば粉が相手なので、
暖房を入れるわけにはいかない。
防寒ジャケットで、厚着をして、
そばを打つにはうるさすぎる。

ということで、
夏も、冬も、全く変わらない、
季節感のかけらもない白衣を着て
この冷え切った場所で、
そばを打ち始めることになる。

そこで、
欠かせないのがウォームアップ。

先ずは全身を暖めるために、
膝を曲げ伸ばしするスクワット。
肩廻し、腰回し、背中のストレッチ。
そうして、大切なのが、
麺棒を使った、手首や指の運動。
両手で握った麺棒を、
くるくると、廻したりねじったり。
麺棒を背中に廻して、
肩のストレッチ。

そば打ちは、
力仕事、筋肉仕事。
ちょっとした故障が、
足を引っ張ることがある。
こんな、ちょっとしたことの、
繰り返しが、大切なことだと思っている。

それにしても、
この温度の中のそば打ちも、
二鉢目、三鉢目となると、
身体がぽかぽかしてくる。
なのに、
少しも体重が減らないのは、、、
、、なぜだろう。

→→→人気blogランキング

|

« 年神様を迎えて、世界中が幸せになりますように。 | トップページ | 長野ならではの「野沢菜漬け切り」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年神様を迎えて、世界中が幸せになりますように。 | トップページ | 長野ならではの「野沢菜漬け切り」 »