« そば屋を続けるために一番大切なこと。 | トップページ | 今年の大根の収穫は? »

2010年11月30日 (火)

黒姫山麓で育った新そば。

はい、今年もやってしまいました。

Vinojoven

解禁になったばかりのワインを打ち込んだ、
ボジョレーヌボー切り。

今年は円高の影響もあって、
ボジョレーヌボーもかなり手頃な値段となった。
このワインは、今年とれたぶどうを使った、
新鮮な、フレッシュな味わいを楽しむワイン。
そばに打ち込んでも、
そのふわっとした、甘い香りがたって、
う〜〜っむ、なかなかの味わい。

ワイン切りにはいくつかの方法があるが、
私は、直接粉に混ぜ込んでいる。
その方が、このボジョレーのような、
新鮮な香りを残すことが出来るようだ。
えっ、
そばに打ち込んでしまうのは、
もったいないって?

さて、
やっぱり新鮮な味わいを楽しんでいただきたいのが、
今の季節、
もちろん新そば。

Sobanueva

不作だった去年に比べて、
今年のそばは、
なかなかのもの。
特に、ふわっとした新そばならでの食感がいい。
お客様からも、おいしいとの声をお聞きしている。

今年は、いいそばが穫れたようだ。

先日は
質の高いそばの産地と言われる
長野の北部、信濃町は黒姫山麓で育ったそばを、
試食する会を「かんだた」で開いていただいた。

栽培者の方は、
春から遊休地を重機を使って開拓し、
その土地で、そばを栽培された。
初めてのせいもあり、
思ったほどの収量は上がらなかったそうだが、
来年のための、ノウハウとデーターを身につけられた。

長野ではそばの栽培は、
小規模な畑や、減反された田で行われることが多い。
これでは、品質のばらつきがでてしまう。
そこで、大規模な専用の畑でそばを栽培することで、
管理の行き届いたブランドに育て上げられるのではないか、
そういう思いで、栽培をはじめられたのだそうだ。

打っている時には大人しい感じの香りであったが、
茹でてみると、しっかりと、味の濃いそばとなった。
ううん、派手さはないが、
通好みの深みがある。
「つい、お替わりしてしまいました。」
と、そばを食べ慣れている製粉屋さんの人の話。

安定した栽培をするまでには、
まだまだ、時間がかかるかもしれない。
でも、そばのトレーサビリティ、
つまり、誰が、どこで、どのように作っているのかを、
食べる人が判るようにしたいという思いを持つ栽培者は、
今までなかったのでは。

私も、そんな思いで作られたそばを、
きちんと使えるような体制作りを、
考えていかなければ、、。

 

黒姫山麓蕎麦農場のブログ→こちら

 

 

→→→人気blogランキング

 




|

« そば屋を続けるために一番大切なこと。 | トップページ | 今年の大根の収穫は? »

コメント

お初にございます。いつもblogを拝見させて頂いております。黒姫山麗さんのblogも良く拝見させて頂いてこのblogもリンクして辿り着きました。両blogとも同じ仕事に携わって居る自分にはすごく良い勉強になります。うちはメーカー(機械打ち)で仲買に卸しているので店を構えてる訳ではございませんが製粉を担当していますと色々なとまだまだ勉強が足りないな・・・と思う次第です。先日もお客様から『新そばなのに香りが全くない』とクレームがあり自分自身の挽き方に問題あるのかな?とか・・・。9月中旬位に北海道の方から仕入れした玄蕎麦でしたので早撒きで刈り入れが早かった玄蕎麦だったのかな・・・?とか・・・。新そばはやはり早くても10月過ぎてから辺りに仕入れした方が香りも強くて良いのかな・・・とか改めて思った次第です。まだまだ勉強途中なので色々な事などをアドバイスして貰えたりすると幸いに存じます。

投稿: 出雲蕎麦人 | 2010年11月30日 (火) 23時28分

出雲蕎麦人 さん、こんにちは。

蕎麦の仕事に携わっておられるのですね。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
玄そばを選ぶのも、
難しいですね。
早刈りのそばは、味がのりにくいようですが、中にはそれがいいという方もいて、一概にはいえなさそうですね。
私は、製粉屋さんにおまかせしておりますが、
無愛想の社長ですが、
蕎麦を選ぶ目は確かなようです。

投稿: かんだた | 2010年12月 2日 (木) 08時02分

はじめまして 蕎麦つくり1年生いや4カ月です 今 試食2回目をやりながら ブログ拝見 全部初めてのことで 感動だらけです

今夜の蕎麦はこしがあって チヨット短めだがたいへんおいしい

投稿: yuu | 2010年12月 2日 (木) 19時11分

yuu さん、こんにちは。

はじめまして。
蕎麦を栽培されているのですね。
育てるのは簡単だけど、
収穫してから手間のかかるのが蕎麦なのですよね。
でも、ご自分で育てられた蕎麦を食べられるのは、格別なのではないでしょうか。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

投稿: かんだた | 2010年12月 2日 (木) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そば屋を続けるために一番大切なこと。 | トップページ | 今年の大根の収穫は? »