« 「毒味」?それとも「口福」? | トップページ | 多い一合、少ない一合。 »

2010年10月25日 (月)

秋の夜長に燗酒を。

ここのところ、朝夕がぐっと涼しく、
いや、肌寒く感じられるようになって、
長野の町を取り囲む山々も、
秋の衣に着替える用意を整えているように見える。

さて、こんな季節に、
つい、飲みたくなるのが、
日本酒。
いよいよ、新酒の出回る季節で、
深みのある、香りとコクを楽しめるのだ。

深まっていく秋の気配の中で、
つい、ぬくもりを感じたくなってしまう。
ということで、そばの前に「燗酒」を頼まれる方が、
増える季節でもある。

 

Kanzake

 

「かんだた」でご用意している燗酒は、
地元の長野市の「信濃光」の特別純米酒。

精米歩合の高い、特別純米酒なんて聞くと、
たいていは、
ギンギンに冷やして飲むもの、、、、
と思われがちだが、
じつは、暖めてもおいしいものがある。

この酒もまさにそうで、
酒を飲み慣れたお客様からも、
「おいしい酒だ。」と言われたりして、
この酒を選んだ私は、ほっとしているところだ。

燗酒にする銘柄を選ぶにあたって、
ずいぶんと、苦悩したところがある。
ある程度、名の売れた、評価の安定した銘柄を入れれば、
何の苦労もないのだが、
私は、あくまでも、地元の長野の酒を使いたかった。
長野県は、新潟県に次いで、
酒蔵の多いところ。
酒造りは盛んなのだが、
全国的な評価や、知名度が今ひとつ足りない。
地元の酒好きな人も、
県外の酒を取り寄せては、
うんぬんと言っている有り様。

地元長野の酒で、
アルコール添加のない純米酒以上の酒で、
燗をして飲めるような酒はないだろうか。

ということで、
試飲会や、銘柄を揃えている店に行っては、
たいして飲めない酒を、味見していた。
そうして、その中から6本を取り寄せて、
比べてみたのだ。

酒の味見は常温に限る。
そう思っていた私は、
その六つの銘柄を飲み比べ、
選ぶことにした。

私が酒を選ぶ基準は三つある。

第一にそば屋の酒だ。
極端に香りの強いもの、
味が口に残るタイプの酒はだめだ。
料理との相性のいい酒、そして、
あくまでも、そばをおいしくする酒でなければ。

第二に
飲み飽きない酒。
一口飲んで、おいしいと感じる酒もあるが、
そういう酒は、飽きやすい。
杯が進んでも、いつまでも、
同じようにおいしく飲めること。

第三に、
安定して供給されること。
けっこう酒蔵では、
季節限定や、数量限定で、
試験的な酒を出荷することがある。
また、以前居酒屋をやっていた時に、
小さな蔵の酒で、季節によって変わる酒の質に、
振り回されたことがある。
その蔵の、グランドブランドであり、
いつも変わらぬ品質で出荷される酒でなければね。

とうことで、酒に弱い私が味見をし、
だいたい一つの酒に決まりかけた。
その時は正直言って、
この「信濃光」は選外だったのだ。

さて、もう面倒だし、
その銘柄に決めようかと思った時、
「そうか、この酒は、燗をして飲む酒だ。」
と思って、
念のため燗をして飲んでみた。
そうしたら、
その銘柄の酒、何となく物足りないのだ。
なにか、行列ができているときのそば屋の店員のような、
つんけんとした雰囲気が感ぜられる(汗!)。

ということで、
燗をして利き直してみたら、
うううう、、、何だ、この香りは、、、
と、
引っかかる酒がある。

それが「信濃光」の特別純米酒だった。

後で調べてみたら、
この酒は「花酵母」という特別な酵母を使って作ったらしい。
それが、暖めた時に、
他の酒にない温かな香りとなるのだろうか。

正直言って、
この酒を使うことには躊躇があった。
悪くいえば田舎臭い酒だ。
味の面でも、何となく危うさの感じられる。
決して安い酒ではない。
果たして、この酒で、お客様は喜んでいただけるだろうか。
そうして、
私の、酒を選ぶ目は、いや口は、
確かなのだろうか。
もっと、
評価の定まった銘柄を使った方が、
良かったのではないだろうか。

でも、
この酒を飲まれたお客様から、
蔵のことを聞かれたり、
「そばはともかく酒はうまい。」
などと、冗談を言われたり、
おおかたは喜んでいただいた。

そうして、
前にも書いたように、
この酒を、数ある長野の酒の中から選んだ私は、
「ほっ」としたのだ。

酒に弱い私の選択は、
間違っていなかったかなあ、、、と。

秋の夜長を、
じっくりと、ゆっくりと燗酒で過ごすのもいかが。

あっ、そばも忘れないでね。

 

→→→人気blogランキング

 



|

« 「毒味」?それとも「口福」? | トップページ | 多い一合、少ない一合。 »

コメント

バタバタしていて二日遅れで読みました。
ようやく落ち着いたので昼から蕎麦前で燗酒(寒いので)
の予定でまさに出かける寸前、
本日水曜日でした (T_T)
信濃光は常温でも麹の香りが好きな人には良いかも。
(私は常温の田舎っぽさ?も嫌いじゃないです)

投稿: ぴょん | 2010年10月27日 (水) 11時26分

ぴょん さん、こんにちは。

はい毎週水曜日は「かんだた法」によって、
営業をしてはいけないことになっております。
信濃光は、基本的には燗を勧めていますが、
中には、常温がいいと言う方もいらっしゃいます。
ときどき、酒だったら何でもいいと言う方も、、、。

投稿: かんだた | 2010年10月28日 (木) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「毒味」?それとも「口福」? | トップページ | 多い一合、少ない一合。 »