« 刃物を扱う人は、いつも穏やかか? | トップページ | 国産そば粉でしか、味わえないそばを作る。 »

2010年9月17日 (金)

かって火を吹きし、山の麓にて。

やっと、今になって「夏休み」をとった。

といっても、丸一日は、遅くまでかかって店の大掃除。
畑仕事と家の片付けにも丸一日。
そうして残った一日は、
バスツアーで「上高地」へ。

 Kamikouti1 Kamikouti2 Kamikouti3






 

 

 

バスの駐車場近くの河童橋。
たくさんの人が渡って写真を撮っている。
晴れているのだが、穂高の山頂は雲に覆われていた。

Kamikouti4 Kamikouti5 Kamikouti6






 

 

 

河童橋から、明神池まで片道一時間少々の道を歩く。
明神池に行けば、平日なのに、次から次へと人が来る。
権堂よりも、ここでそば屋をやった方が、
遥かに儲かりそうだと、
山小屋のミイラのようなイワナの塩焼きを食べながら思う。

さて、河童橋近くのベンチで、昼食。

Kamikouti7_2Kamikouti9_3

Kamikouti8_2  






旅行会社が用意してくれたお弁当。
う〜ン、なかなか、健康的な、良心的なお弁当だ。
さあ、食べようと思ったら、
「ガアっ、ガアっ」という汚い声。
鴨が
「私にも食べ物を頂戴よねえ。」
威張っていう。
「私はねえ、遠い遠い北国から、
やってきたばかりでお腹がすいているの。
 だから、何でもいいから、食べるもの頂戴?」
といって、周りを歩き出す。

「お前はなあ、
 自然の中にいるんだから、
 人間の食べ物に頼っちゃだめだ。
 これはなあ、
 お前のためなのだぞ。」

といいながら、
鴨にかまわず、
弁当を平らげてしまう私。

「あ〜あ、こんなケチな人間なんて、
 相手していてもしょうがないや。
 早く、食べ物をくれそうな、
 他の人間を捜そう。」

と逃げ出す鴨。

Kamikouti10_3
いやいや、自然の中で生きる力を学びなさい、、、。

といったら、
「あ〜あ、こんなケチなんか、
付き合っていられないや。」
といって、尻を向けていく他の群れの姿もあったりして、、、。

P9140022_2
ということで、
そばの出て来ない
そば屋の休日。

 

 

→→→人気blogランキング


|

« 刃物を扱う人は、いつも穏やかか? | トップページ | 国産そば粉でしか、味わえないそばを作る。 »

コメント

〈逃げ出す鴨。〉に写真で笑ってしまいました。
猿たちの後ろ姿もいいですね。
なにやら絵本でも読んだあとのようで、いい心持ちです。

投稿: 所沢太郎 | 2010年9月18日 (土) 10時39分

所沢太郎 さん、こんにちは。
上高地は、だいぶ、都会化してしまいましたが、まだ、アサギマダラが飛んでいたりと、野生動物に出会う機会がありました。
背中を見せて逃げていくのが、鴨や猿でよかった。
黒い毛の大きな動物だったら、どうしようか、、、と、今になって思います。

投稿: かんだた | 2010年9月18日 (土) 21時48分

「背中を見せて逃げていくのが、鴨や猿でよかった。
 黒い毛の大きな動物だったら、どうしようか、、、」

そうなんですよね。
ツキノワグマはかなり増えているようです。

えさ不足だから、遭遇する機会が増えたわけではなく、
人間の自然界へのむやみな進出やいいかげんな対応と
クマの個体数の増加によるようです。

動物写真家の宮崎学さんのHP、ぜひ、ご覧ください。
「宮崎学写真館 森の365日」
http://www.owlet.net/

投稿: おおつか | 2010年9月23日 (木) 15時07分

おおつか さん、こんにちは。

上高地では、熊の目撃情報が、けっこうあるそうです。
熊除けのベルを鳴らしながら歩く人も多かったですね。

でも、熊が出たと言って大騒ぎをせず、適切な距離を保てるような付き合い方が出来るといいですね。
宮崎さんのページ、見てみます。

投稿: かんだた | 2010年9月23日 (木) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 刃物を扱う人は、いつも穏やかか? | トップページ | 国産そば粉でしか、味わえないそばを作る。 »