« 国産そば粉でしか、味わえないそばを作る。 | トップページ | 期間限定「そばの焼きおにぎり」 »

2010年9月24日 (金)

そば畑の匂い(香り)のするそば

そばを食べる時に、
よく言われるのが「そばの香り」。

「香りの強いそば」とか、
「食べたあとから香りの追いかけてくるそば」とか、
「ほのかな甘い香りとか」、
そばの香りって、
いろいろと、うんぬんされているご様子。

通の言われる「そばの香り」などというものが、
本当にあるのかどうか分からないが、
そばには、様々な匂い、香りが含まれていることは確かだ。

どの食べ物でもそうだが、
その匂いというのは、様々な要素の組み合わせとなる。

例えば、ワインや日本酒の香りなどがそうで、
樽の匂い、
麹の匂い、
揮発性の匂い、
新緑の森の匂い、
濡れた子犬の匂い、
熟れたイチジクの匂い、
絞っておいた雑巾の匂い、
イチゴとミルクをミキサーにかけた匂い、
涙に濡れた枕の匂い、
、、、、、
などなどが組合わさって、
一つの香りとなっていたりする。

そばだって同じで、
その香りと言われるものの中には、
一方で、やたらと化粧の濃い、
露出度の高いお姉ちゃんが一目を引いているかと思えば、
いくら窓を叩いても、
なかなか顔を出してくれない、
深窓のお嬢さん(今や死語か!)もいたりする。

つまりいろいろな、
匂いの要素が組合わさって、
「そばの香り」なるものを作っているようだ。

一般的には、
そばは、
そばの実の外側の部分を多く引き込むと、
香りが高くなると言われている。
とくに、そば殻まで挽き込んだ挽きぐるみは、
風味の強いそばになる。

それはそれで面白いのだが、
逆に、普通のそばに比べて、
多くの雑味も抱え込むことになる。

でも、時々、そういうこととは別に、
満開のそば畑を連想するような、
匂いのするそばに出会う。

満開に咲き誇る、
真っ白なそばの花で覆われた広大な畑。
あなたは、その真ん中に立っている。

そんな光景が、
頭の中で広がるような匂いのするそばだ。
ほら、見た目はきもちよさそうでしょう。

、、、、、って、
あなたは、そばの畑の中に立って、
匂いを嗅いだことがありますか?

その匂いが、
あなたを心地よいものにしてくれればいいのだけれど。
まあ、人はそれぞれだから、、、、、
中には、
こういう匂いが好きだという人が、、、、
蜂や虻などの虫にはいい匂いなのかもしれないが、、、

と、歯切れが悪くなってしまったが、
そばの花には申し訳ないが、
私には苦手な匂い。

これはねえ、そばの取り扱いの問題だよ。
そういう匂い(香り)ないそばを提供するように、
少なくとも私は努めよう。

F_de_soba

 

 

→→→人気blogランキング

 

|

« 国産そば粉でしか、味わえないそばを作る。 | トップページ | 期間限定「そばの焼きおにぎり」 »

コメント

 転作田を彩る秋の風物詩、ソバの花。純白でかれんな花々は今月末にも、香り高い福井県産ソバの実を付ける。でもその花のにおいは例えるなら―糞(ふん)肥料。県内の作付けは近年急速に拡大し、全国3位の面積となっており、そのにおいに戸惑う住民も出ている。専門家によると、ソバは食用作物のなかでも特に受粉が難しい仕組みで、においは「虫を呼ぼうと必死に頑張っている」結果なのだとか。(福井新聞ONLINE)

投稿: 匂いと風味 | 2012年10月18日 (木) 12時37分

匂いと風味さん、こんにちは。

なるほど、この記事のおかげで、アクセス数が増えたのですね。
あれ、福井新聞さんは、ソバの花の匂いを、はっきりと「○肥料」の匂いと、言い切っていますね、、。

投稿: かんだた | 2012年10月19日 (金) 05時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国産そば粉でしか、味わえないそばを作る。 | トップページ | 期間限定「そばの焼きおにぎり」 »