« 乗るのに1ドル。そば汁のお代わりはン円。 | トップページ | 難しい「おいしそうなそば」の写真 »

2010年8月28日 (土)

「トロロアオイ」の花

いつまでも続く暑さ!
お客様との話題はそればかり。
そして、「暑い!」で、話が続かなくなってしまう。

たまごを届けてくれる農家の方の話では、
やっぱりニワトリも「夏バテ」だとか。
だから、生むたまごも、
かなり小粒になってしまった気がする。

さて、その中でも、
まあまあ育っている畑の野菜。

Verano2
ここのところ、雨が降らなかったので、
茄子などは、ちょっと少休止だったが、
先日の雨で、また盛り返してきた。
善光寺キュウリ、ゴーヤなどは、まあ順調、
モロヘイヤなどは、強くていいが、レタスやルッコラなどは、
日照りの影響で、ほとんど育たない。

さて、河川敷の私の畑の、その隣の畑で、
この暑さの中、そして、雨の降らない中で、
元気に育っている野菜がある。

それがこちら。

Verano1 
なにかの花のようだ、、、
というのは、正解。
朝早くつぼみを開き、
陽が当たるまでに摘み取らないと使えないという、
面倒な花なのだ。
写真では比較がないので解りづらいが、
直径十五センチぐらいある大きな花。
ちょうど、手のひらを広げてような大きさだ。

隣の畑では、
これが元気に育っている。
採れすぎて困っているというので、
いただいた次第。

名前は「花オクラ」。
でも、決して、よくあるオクラの花ではない。
その後にオクラのような実は出来ないからだ。
別の名を「トロロアオイ」というそうだ。

そのまま洗ってサラダにしてもいいし、
さっと湯に通しておひたしにも出来る。
てんぷらもいいそうだ。

ただ、一日花なので、持たない。
採ってその日のうちに使わないと、
色も味も変わってしまう。
だから、ほとんど流通されない野菜なのだそうだ。

私も、畑のお隣さんから聞くまで、
こんな食べ物があるなんて、、、知らなかった。

ということで、
さっと湯がいた「花オクラ」を、
濃いめのカツオ出汁で作った三杯酢でいただく。
こちらは自分の畑で育てた、
丸いオクラを彩りに。

 

Verano3 

花びらは薄いが、食感はとろっとした感じ。
まさにオクラの味だ。
花びらの根元の部分が赤っぽくて、
シャッキっとした歯ごたえ。
この辺の方がオクラの印象が強い。

なるほどなあ、
まだまだ知らない、
こういう野菜もあるんだね。
自分が、畑仕事をしているからこそ、
出会えた味。
そう言うものが、けっこうあるんだ。

そばを通して、
様々な野菜や、身体にいい食べ物と、
もっと出会っていきたいものだ。

 
 
 

→→→人気blogランキング


|

« 乗るのに1ドル。そば汁のお代わりはン円。 | トップページ | 難しい「おいしそうなそば」の写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乗るのに1ドル。そば汁のお代わりはン円。 | トップページ | 難しい「おいしそうなそば」の写真 »