« 「トロロアオイ」の花 | トップページ | エンゲル係数という不思議な数字 »

2010年8月31日 (火)

難しい「おいしそうなそば」の写真

そばの写真を撮るのは難しい。
いや、そばに限らず、
料理の写真を、おいしそうに撮るのは、
なかなか、うまくできるものではない。

かんだたにも、
雑誌の取材や、広告に載せるために、
プロのカメラマンが来て写真を撮ってもらうことがある。

その、彼らの持ってくる機材がすごい。
たかがそば一枚の写真を撮るのに、
大きなリュックを背負って、
更に両側に荷物をぶら下げてやってくるのだ。

料理を上手に撮るために必要なのは、
先ず照明。
影が写らず、
なおかつ立体感の出るような光をあてる。
そのために、ライトばかりでなく、
反射板や、フィルターや、布などを使って、
セットをするのだ。

そうして、茹でて、盛りつけたそばを、
そのセットの中に置く。
一回ごとに、様々な調整を変えながら、
何枚もの写真を撮る。
更に向きを変えて、
また、パチパチパチ。

そうしているうちに、
あああ〜、そばがのびてしまう。

たかが、雑誌の片隅に載る写真を撮るのにも、
これだけの手間をかけ、
その取り溜めた写真の中から、
最高のものを選ぶのだ。

こうして、いかにもおいしそうな写真が、
皆さんの目に触れることになる。
写真的には、最高の写真なのだろうが、
そば屋的には、
「あっ、のびている。」というそばを撮られて、
ちょっと恥ずかしかったりする。

ところが、
先日撮影に来た方は、違う撮り方。
やはり照明器具をセットし、
空の器を並べてレイアウトを考え、
さらに、万遍なく照度計を当てて確認している。

準備に時間がかかっているなあ、
と思いながら待っていると、
そばを茹でてくださいとのこと。
そうして盛ったそばを持っていくと、
定位置にせいろを置いて、
ファインダーを覗く。
そうして、一回だけシャッターを押す。

カメラに接続した大型のモニターで確認して、
はい、OKです。
えっ、一回でいいの?

あとで、印刷されたものを見たら、
小さなスペースだけれども、
そばがしっかりと生きているのが解った。

なるほどね、カメラマンによって、
撮り方もずいぶんと違うのだ。

昔は、こういう撮影に使うフイルムが高かった。
だから、今のデジカメのように、
やたらと、シャッターを押すことが出来なかったのだね。
そのカメラマンの人は、
まだ若かったけれど、そういう人の元で、
勉強されたのだろう。

どちらにしろ、
私なんか、写真の撮り方なぞ、
よくわからないので、
そばや料理を撮ってみても、
どうもおいしそうに感じない。

あるカメラマンの人にいわれたけれど、
今は、安いデジカメでも、
カメラが自動的にいい写真を撮ってくれるそうだ。
コツさえ掴めば、
ホームページで使えるぐらいの写真は撮れますよ、
とのこと。

Fideo2

う〜ん、私の撮った写真、
やっぱり、プロには、かなわない。

 

 

→→→人気blogランキング

|

« 「トロロアオイ」の花 | トップページ | エンゲル係数という不思議な数字 »

コメント

いやあ、この写真でも充分おいしそうですけど。
この奥にある四角いものは、凍み豆腐でしょうか。玉子焼きではなさそうですね。

投稿: 所沢太郎 | 2010年9月 7日 (火) 21時20分

所沢太郎 さん、こんにちは。
いえいえ、パソコンではきれいに写っても、印刷物にすると差がはっきりと出ます。
やはり、プロはすごいです。
ちなみに写っているのは「にぎわいセット」で、小鉢は凍み豆腐です。
他に、そば汁で煮込んだひじきの煮物、根菜の炒り煮。そうして、揚げたそばの実をまぶしたサラダがつきます。

投稿: かんだた | 2010年9月 7日 (火) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「トロロアオイ」の花 | トップページ | エンゲル係数という不思議な数字 »