« 「料理」の大切な要素!の一つ「食べ易さ」。 | トップページ | モロッコインゲン切り »

2010年7月30日 (金)

そばの種まきの季節。

梅雨が明けてからのこの暑さ。
う〜〜〜ん、
なかなか、、、、

気持ちがいい!!

と、言いたいが、
夏風邪をひいて、喉が痛くてやや不調。
今日突然やってきたテレビの取材にも、
がらがら声で対応。
レポーターの説明の最中に咳き込んでしまったり、
思うタイミングで声が出なかったりで、
苦しい思いをしてしまった。

いつもなら、
カエルのような美声なのに。
ヒキガエルに近い、、。

さて、長野の高冷地の畑では、
今がそばの種を蒔く季節だ。
いいそばが穫れると言われる信濃町あたりでは、
7月下旬から、8月上旬ぐらいまでが蒔き時だそうだ。

今年は、暑い日が続いているが、
昨年は、今頃まで、ずっと雨模様だった。
やっと晴れて、種を蒔けるようになったのが、
8月の中旬になっていた。
その遅れが、昨年のそばの、大不作の原因となったそうだ。

今年は、いまのところ、晴天が続き、
長野のそばの種まきも、予定通りに行われそうだ。
そうして、今年は、たくさんのそばに実ってもらいたい。

そばは成長が早く、75日で実が出来ると言われる。
ただ、そばという植物は、霜に弱いので、
各地の初霜の下りる季節から逆算して、
種を蒔く時期が決められるのだ。

それなら、もっと早く蒔けばいいではないかと思うが、
早く蒔けば、ただ茎が徒長して、いい実が出来ない。
また、そばは「日長反応性」というわがままな性格の持ち主で、
日照時間が長いと実をつけない品種があったり、
比較的、気にしない品種があったりするので、
その地域にあったものを選ぶのが基本。

早く寒くなる北海道では、
6月には、もう種まきが終わっているはず。
東北でも7月下旬ごろ、
そうして、関東だと8月下旬ごろがそばの蒔き時。

全国的な不作に見舞われた去年のそば作。
今年は、各地で、
いいそばが育ちますようにと願いながら、
この暑さを乗り切っていこう。

ん、風邪を治さなくては。

 

→→→人気blogランキング

 

|

« 「料理」の大切な要素!の一つ「食べ易さ」。 | トップページ | モロッコインゲン切り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「料理」の大切な要素!の一つ「食べ易さ」。 | トップページ | モロッコインゲン切り »