« 昔からヒノキの柾目と言われるが、、。 | トップページ | 道具は自分にあったもの〜小間板。 »

2010年6月29日 (火)

「蕎麦粒」と呼ばれる山々。

山というのは、その形から名が付けられることがある。
烏帽子とか、駒ヶ岳、槍、鋸(のこぎり)山、編笠、天狗、、、

でも、
「蕎麦粒山」、
と名付けられた山は、
どのような格好をしているのだろうか。

Sobatubu

国内には、
「蕎麦粒山」と名付けられた山がいくつかある。

東京は奥多摩に、埼玉県との境に標高1,473m。
ここは、登山コースとして、けっこう登られているようだ。
静岡県の南アルプスに標高1,627m。
岐阜県にも1,297m。
ここは「蕎麦粒山」と書いて「そむぎやま」と読むそうだ。

「蕎麦粒岳」というのは、
長野県の木曽から入る中央アルプスにあり、
標高2,320m。

「蕎麦角(かど)山」というのが
山梨県(1,460m)と岐阜県(1,222m)にあるらしい。
山口県には「蕎麦ヶ岳」(557m)があると言う。

あちらこちらに、蕎麦の粒の形をした山があるのだ。

そうして、実は長野県にもう一つ「蕎麦粒山」がある。
今は長野市になった鬼無里から、
白馬に抜ける峠から、
少し南に下ったところに、
地図に記されている。
行政的には小川村に入るのだろう。

地図で見つけて、前から気になっていたので、
そこを通るたびに注意してみるのだが、
どれが「蕎麦粒山」なのか、よくわからない。

登山のガイドブックを見てみても、
見つからない。
ほとんど登られない山のようだ。

見たことがなくとも、何となくその山容が想像できる、
「蕎麦粒山」。
いつか、登ってみようかと、
密かに企てているところ、、、、
その他の山もね、。

まずは時間を作らなくては、、
いいや、
先ずは体力作りだろうってね。

 

 

→→→人気blogランキング

|

« 昔からヒノキの柾目と言われるが、、。 | トップページ | 道具は自分にあったもの〜小間板。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昔からヒノキの柾目と言われるが、、。 | トップページ | 道具は自分にあったもの〜小間板。 »