« 中国産のそばの相場が上がっている。 | トップページ | 北海道では「アイヌネギ」と呼ばれている。 »

2010年5月28日 (金)

そばは、山の畑で作られている、、のか?

さて、皆さん、
国産のそばは、どんなところで栽培されているのか、
ご存知だろうか?

そばって、山に囲まれたような、
なだらかな傾斜のある畑で作られているんじゃないの?

そう、そのとおり。
そば畑と山は付き物のようで、
けっこう知られた景勝地があったりする。

例えば長野県では、
戸隠山なんぞが有名だ。
ちょうど、観光道路の脇の、
戸隠の切り立った峰々望む場所にそばが植えられ、
花の季節には、格好の撮影場所になったりする。
よく、信州のイメージにつかわれる、
典型的な場所だ。

それでは、戸隠の、他の場所にも、
そばが植えられているかというと、
意外と、その白い花の畑は見当たらない。

私は里山歩きが好きなので、
結構、山里を通ることがあるが、
そばの畑に出会うことは、あまり無いのだ。

むしろ、山裾の平坦地で、見かけることが多い。
そうして、多いのが、
黄金色に実った稲、
つまり田んぼの一角に、
白いそばの花が咲いている光景を見ること。

そばが、田んぼで栽培されているのだ。

平成21年の農水省の統計によると、
全国でそばが作付けされたのは、
約4万5千ヘクタール。

これが、どのくらいの広さかと言うと、
合併で大きく膨らんだ長野市の面積の約6割ぐらい。
う〜ん、長野市の広さといっても分かりづらいなあ。

ええと、
ああ、ちょうどいい広さの島があった。
ロケットの打ち上げ基地のある、
鹿児島県の種子島。
だいたい、この島と、同じぐらいの面積で、
そばが栽培されている。

これって、
すごく少ない、、、、、
いえ、けっして、種子島が小さい島だと言っているわけではないので、、。

さて、統計によると、
そのうちの69パーセントが、
「田」なのだ。
残りが畑。

つまり、
日本のそばのほとんどは、
平らな、
中には、山に囲まれた田もあるだろうが、
作業のし易い田で作られているのだ。

そばというのは、
山際にすむお百姓さんが、
険しい斜面のある畑で、
細々と作っている、、、

そんな作られたようなイメージなんか、
アフガニスタンに埋められた地雷とともに、
吹き飛ばしてしまわなければならない。

そして、
田での、そば作りを押しているのが、
国の制度、
そう、減反の制度なのだ。
日本のそばは、
ロマンではない、
厳しい現実の選択の中で作られている、、、

ということで、
この問題、
まだまだ終わらないぞ!

 

→→→人気blogランキング

|

« 中国産のそばの相場が上がっている。 | トップページ | 北海道では「アイヌネギ」と呼ばれている。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国産のそばの相場が上がっている。 | トップページ | 北海道では「アイヌネギ」と呼ばれている。 »