« つい、気になってしまう、フチの水滴。 | トップページ | 納豆のまずい季節? »

2010年4月26日 (月)

ウルトラマンはそばを食べられるか?

昼の混雑が一段落した頃に、
お客様が一人飛び込んで来る。

銀色のお面に赤いストライプ。
昆虫のような、大きな黄色い目。
そして、胸には、青いランプが光っている。

あっ、ウルトラマンだ!

ウルトラマンに追われた怪獣がいるのかと、
思わず店の中を見回してしまった。
が、空から落ちてくるような声で、
ウルトラマンが言う。

「So~Ba!」

え、ウルトラマンがそばを食べるのだ。
ええと、
確か、ウルトラマンは、地上では、
3分間しか動けないはず。
わあ、急がなくては。

ということで、慌ててそばを茹でる準備をする私。

ウルトラマンが入って来て、
注文を聞き、状況を把握するのに20秒。
ゆで釜のスイッチを入れ、お湯をさらって
沸騰を確認する。
さらに、洗い桶の中がきれいになっていること、
仕上げ桶に水がいっぱいになっていることを確認。
これが20秒。
そばを仕舞ってある箱のフタを開け、
一人前のそばをつかみ取る。
これが10秒。

そばを沸騰した釜の中に入れ、
一旦蓋を閉める。
湯が沸き立ったら蓋を取って火の強さを緩め、
釜の中をゆっくりと廻るようにする。
茹で時間は約30秒。

揚げざるを使って、そばを洗い桶に移す。
一度水を換えて、さらに洗う。
そうして、きれいな、仕上げ桶に浸し、
洗いざるごと振って水を切る。
そうして、そばを上からつまむようにして、
溜めざるに移す。
これが45秒。

あっ、ウルトラマンの胸のランプが、
青から黄色に変わってしまった。

急いで、溜めざるのそばを、
せいろに盛る。
五回か六回ぐらいに分けて、
そばを上からつまむようにして、
せいろの上に置いていく感じ。
水を切って、箸でつまんだ時に、
そばがすすっと手繰れるように盛らなければ。
これが25秒。

あっ、胸のランプが赤く変わって、
点滅を始めた。
せいろのフチを拭いて、
急いでウルトラマンの前にせいろを運ぶ。
「お待たせしました。」と言ってね。
これが15秒。

ここまでに、
2分45秒もかかっている。

そうしたらウルトラマン、
まさに、ウルトラのスピードでそばを食べ始める。
僅か10秒で食べ終わり。
声には出さないが「ううん」と、
大きくうなずくと、
「シュワッチ!」といって、飛び出してしまった。

お客様は、
ウルトラマンほどではないが、
胸に、ランプを光らせている。
お待たせしてはいけないと思いながら、
一つ一つ、丁寧な仕事をしようとすれば、
どうしても、時間がかかってしまう。
少しでも早く、
質を落とすことなく、無駄な動きのないように、
工夫、工夫の姿勢が大切なのだろうなあ。

あっ、
あのウルトラマン、
お金を払っていく時間がなかったようで、、、。

 

→→→人気blogランキング

|

« つい、気になってしまう、フチの水滴。 | トップページ | 納豆のまずい季節? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つい、気になってしまう、フチの水滴。 | トップページ | 納豆のまずい季節? »