« まずは色で魅せる「サフラン切り」 | トップページ | 以前はひげ面の「野武士」、今のは京の「お公家さん」。 »

2010年4月 9日 (金)

世界に注目されている日本の食品

あらあら、せっかくの美人が、
店に見えたのに、写真がピンぼけ。

Entore1
先日のテレビの取材。
何と、イスラエルのテレビ局。
なんでも、日本の文化と食べ物を紹介する番組を作るのだそうだ。

数あるそば屋の中で、
なんで「かんだた」が選ばれたのかは、
全く分からない。
英語は話せますかの質問に、
「NO!!!!!!」と自信を持って答えておいたのに、、、、、

レポーターが現地の言葉(ヘブライ語?)で質問して、
通訳しますから、日本語で答えてください、
と、いわれていたのに、、、、

カメラが回って、厨房に入って来て、
いきなり、始まる英語でのインタビュー。
はあ?。
ええ?。
Como?(あっ、これはスペイン語だった。)

それでも、なんとか、
こなした撮影。
通訳の人、うまく伝えてくれたことだ、、、と思う。

Entore2
この人たちは、スポンサーサイドのおじさんたち。
日本を含め、アジアの食品をイスラエルで取り扱っているそうだ。
結構、日本の食べ物に詳しい。

Entore3
ピンぼけになってしまった、撮影スタッフの写真。
昨日日本に着いたばかりで、今日は長野、明日は栃木と、
厳しいスケジュールが詰まっている。

一番苦労された、今回の撮影をコーディネイトし、
なおかつ、通訳までこなしてくれた日本人女性が、
残念ながら写っていないけれど。

最後に皆さん、そばを食べてみたいというので、
いくつかの料理とともにお出した。
おいしいと言ってくれて、ありがとう。

少しでも、日本の「そば」について、
良い印象を持って伝えることが出来たのだろうか。

今、世界では、日本の伝統的な食べ物が注目されているという。
味噌、醤油、酢などを使った、健康的な食品として、
日本料理に興味を持つ外国人が増えているそうだ。
そばだって、もっと、世界に広まってもいいかもしれない。
きちんと、世界中の人に説明できるような、
しっかりとした知識と気持ちを持った方がいいと、
今回の取材で感じた。

世界は、意外と、日本に注目しているのかもしれない。

それにしても、
私の英語力のなさ。
単なる度胸だけで、乗り切ってしまった今回の取材。
終わったあとに、どっと、疲れが出た感じがした。

Sikai

で、お土産に頂いた「死海の塩」。
お風呂に溶かして入るといいそうだ。
いやあ、そこまで、気遣いを頂いて、、、。


 

→→→人気blogランキング


|

« まずは色で魅せる「サフラン切り」 | トップページ | 以前はひげ面の「野武士」、今のは京の「お公家さん」。 »

コメント

こんばんは。

イスラエルのテレビ局ですか。東京の老舗で済ませる、ということをしないのですね。すごいです。
それにしても、〈数あるそば屋の中で、なんで「かんだた」が選ばれたのか〉私にも気になります。
ただ、いろいろな制約抜きで、日本の蕎麦屋でここというところは? と訊ねられたら「かんだた」と私なら答えるでしょう。そういう人が、関係者の中にいたということですね。

なんだか嬉しいニュースです。

投稿: 所沢太郎 | 2010年4月11日 (日) 01時43分

所沢太郎 さん、こんにちは。
ありがとうございます。
はい、彼らが長野に来たのは、長野にある、大きな味噌工場を取材するためでした。そのついでに、善光寺に寄り、さらに、そのついでに、その辺のそば屋に寄ってみようということになったのではないかと思います。
こういう予定を立てる人も大変ですね。実際に来てみるまで、どういうところか分かりませんものね。

投稿: かんだた | 2010年4月11日 (日) 07時18分

こんにちは。

私はちょっと大げさに考えすぎました。
〈数あるそば屋〉というのは、長野にある〈数あるそば屋〉ということなのですね。
それにしたって、すごいことだと思います。

番組が見てみたいです。ヘブライ語でかんだたを紹介する場面を。

投稿: 所沢太郎 | 2010年4月11日 (日) 11時07分

先日の“ サフラン ”、
三人でお邪魔していただきました。
おいしかったです!

(すこ~しずつかもしれませんが、
 かんだたファンを増殖中かも?)

予約でいっぱいになったとか…。
ぎりぎりのお電話ですみませんでした。

ところで、
『死海の塩』って、どんな感じでしょう。
何かメニューには使えませんか。
お風呂専用?ではないですよね。
ほんの少し期待しながら、
また伺います。

投稿: おおつか | 2010年4月11日 (日) 14時36分

所沢太郎 さん、こんにちは。
私も、見てみたいですね。
なんか怖いよう気がしますが。
この番組は、編集し直して、
イスラエルの航空会社の機内ビデオに使われたり、欧米のイスラエルチャンネルで流される可能性があるのだそうです。
さあ、どうなるのでしょうか。

投稿: かんだた | 2010年4月11日 (日) 23時04分

おおつか さん、こんにちは。
先日は、ご来店ありがとうございました。
お知り合いにもご紹介いただき、大変恐縮です。

ところで、「死海の塩」なのですが、
ミネラル分が強いので、食品には向かないのだそうです。
風呂に入れるか、ナメクジを退治するのに使うか、あとは、、、。
風呂に入りながら考えることにします。

投稿: かんだた | 2010年4月11日 (日) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まずは色で魅せる「サフラン切り」 | トップページ | 以前はひげ面の「野武士」、今のは京の「お公家さん」。 »