« 意外と少ない無添加の醤油 | トップページ | 味覚を育てる「口内調味」 »

2010年3月19日 (金)

そば屋の「二見浦」

さて、私はそば屋をしていて、
毎日、いろいろなお客様がお見えになり、
そばを食べていただいている。

よくよく見ていると、
そばの食べ方も、人によってずいぶんと違うものだと思ってしまう。
それぞれの方に、それなりの癖があり、
動きがあり、順番がある。
おいしそうに食べられる方もいらっしゃれば、
しかめっ面をして、いかにも不味そうに食べる方もいる。
時間をかけて、ゆっくりと食べる方もいらっしゃれば、
あっという間に、手繰ってしまわれる方もいる。

そう、それぞれに、
そばを楽しんでいただければ、ありがたい。

そばの食べ方を、
どうのこうの言うつもりはないが、
それでも、こうすれば、もっとおいしく食べられるのになあ、、、
と、思うことがある。
こういう風に食べていただけたらなあ、、、、、
という、思いもないわけではない。

でも、
そんなことを押し付けたところで、
お客様が、喜ばれるわけではない。
それぞれの方の流儀で食べていただき、
満足していただけるのが、まず一番なのだ。

それでも、そばの食べ方については、
そば好きの人たちで、いろいろと論議されているようだ。

昔からそば通という人に言われていること。

→そばは、一口で食べられる量をつまむ。
→汁には、三分の一ぐらいをつけて食べる。
→薬味は最初は使わず、あとから少しずつ足していく。
→そばは、噛まずにのどで飲み込む(?)。
→そば猪口に、最初から汁をたっぷりと入れてはいけない。
→そばは、空気を吸って音をたてて食べると風味がでる。
→、、、、、

などなど。

でもね、そんなことは、
私はあまり気にしない。
そばの本とか、雑誌の特集なんぞに、
いかにも、こういう風に食べると「そば通」らしく見えると書いてあったりするが、かえって、窮屈なんじゃないかなあ。

「通ぶって食うそばの味物足らず」

ほら、古い川柳にも詠まれているでしょう。

だから、ご自分が、一番自然に食べられるやり方で、
そばを手繰っていただくのが一番。

でもねえ、
でもねえ、、、、

やっぱり気になるのだ。

せいろそばを食べる時に、
そば猪口を手に持たない方が、結構いらっしゃる。
たいていの方は、汁の入ったそば猪口を手にして、
そばを召し上がるのだが、
そば猪口を置いたまま召し上がる方もいらっしゃるのだ。

当然、テーブルにうずくまるような姿勢になってしまう。
いわゆる犬食い。
これが、中年の方に結構多いのだ。
新聞を読みながら、
あるいは、携帯電話を持ちながら、
という器用な方もいらっしゃる。

お客様のそばの食べ方を、
うんぬんというわけではないが、
これだけは、気になる。

そうして、その人たちは、
そばをしっかり掴まないから、
せいろとそば猪口の間にそばが渡り、
いわゆる、伊勢の夫婦岩のようになってしまう。
そんなに長いそばではないはずなのに。

ものを食べる時には、
背中を伸ばして姿勢よく食べた方が、
見た目もかっこいいし、
消化も良さそうな気がするのだけれどね。

ということで、
しばらく、そばの食べ方について、、
、、の話が、続くかも。

 

 

→→→人気blogランキング

|

« 意外と少ない無添加の醤油 | トップページ | 味覚を育てる「口内調味」 »

コメント

先週の金曜日、
初めて粗挽き十割をいただきました。
平日昼間は、大盛り無料(でいいのかな?)。

一緒に行った職場の先輩も、
とてもおいしかった、とのことでよかった、よかった。

ところで、食べ方について…

最近お茶碗などの持ち方が変わってきていませんか。
親指が上にきて器の縁にかけるのではなく、
コップを横からつかむような持ち方。
若い男性の方に多いかなぁ。

もう一つ、
帽子をかぶったまま食べる方も結構見かけます。

まぁ、自分の食べ方も自信はないのですけど。


投稿: おおつか | 2010年3月21日 (日) 12時08分

こんばんは。

〈そばは、噛まずにのどで飲み込む〉なんて、そばがもったいないと思ってしまいます。
私は、そばをパクパク食べます。よく噛んで。
ほかの人と食べるときは、ちょっと恥ずかしいので、「そばをパクパク食べるとうまいんですよ」と機先を制すようにしています。
もしかしたら、おいしくなさそうに見えているかもしれません。でも、おいしいんです。

それではまた。

投稿: 所沢太郎 | 2010年3月21日 (日) 19時17分

おおつか さん、こんにちは。
先日はご来店ありがとうございました。
粗挽き十割そばは金曜日の昼間だけですので、ご都合を合わせていただき、恐縮です。

ご飯のお茶碗を、コップのように横から持つ人がいる、、、、、、。

初めて聞きました。
見るからに食べにくそうですねえ。
そのような方が増えているのでしょうか。
箸の使い方にしてもそうですが、
食事の光景が変わって来ていますねえ。

投稿: かんだた | 2010年3月21日 (日) 23時38分

所沢太郎 さん、こんにちは。
そばは、噛んで食べてもおいしいですよ。
そばの甘味がよく楽しめます。
特に粗挽きの場合なぞは、噛んだ方が味がでるかも知れません。
でも、噛まずにのどを通っていく爽快さも捨てがたいです。

噛んで食べたり、
噛まずに飲み込んだり、
どちらも、食べる方が自然とそうなるのなら、それでいいのでないでしょうか。

ちなみに、私は飲み込む派です。
麺を食べる時にはつい、のどを動かしてしまいます。
だから、パスタを食べるときは、
意識して噛まないと、むせてしまいます。

投稿: かんだた | 2010年3月21日 (日) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意外と少ない無添加の醤油 | トップページ | 味覚を育てる「口内調味」 »