« 「小太りの大人」は誰だろう? | トップページ | 春の「そば寿司のコース」 »

2010年3月 2日 (火)

雪中保存「寒ざらしそば」

本日は、恒例の「十割そばの夕べ」。

遠くから、
わざわざお出でいただいたお客様もいらっしゃって、
みなさん、ご来店、ありがとうございました。

今日の変わりそばは、こちら。

Kombu
と、そばを見ただけでは、なんだか分からない。
これは「昆布切り」。
昆布を一晩水につけて、
濃いめに出した「昆布だし」を使って、
そばを打ってみた。

ふつうの変わりそばは、
汁を付けずに食べた方が、打ち込んだものの味が分かるが、
これは、汁を付けた方が、その旨味が引き立つそばだ。
更級そばが、ますます甘く感ぜられる、
不思議な味わいのそばとなった。

と、今日の目玉はもう一つ。

Kanzarasshi
こちらが十割そば。
今回は、雪の中で保存した、
「寒ざらしそば」を使ってみた。

雪深い、信濃町のそば粉屋さんは考えた、、、、。
雪の中に、ニンジンや、
白菜やキャベツを入れておくと、
とても甘く、まろやかな味になる。
だったら、そばも、
雪の中に入れておくと、
甘く、まろやかになるのではないか。

そうして、玄そばを麻袋に入れたまま、
ビニールシートにくるみ、
背の高さを超える雪の中に置いてみた。
数週間後、それを掘り起こし、
寒風にさらして乾燥させ、
そうして、粉にしてみた。

さて、そうして、十割で打った、
雪中保存「寒ざらしそば」のお味は、、、、。

ということで、
4日(木)より9日(火)まで、
昼のみ一日十食限定でご用意させていただく。
ご自身で、お確かめを。

こういう試みも、
大変面白いことだと思う。
一つの遊び心、
でも、そんなことからも「ヒョウタンから駒」、
みたいなこともあるかもしれないね。

→→→人気blogランキング

|

« 「小太りの大人」は誰だろう? | トップページ | 春の「そば寿司のコース」 »

コメント

「寒ざらしそば」、とてもおいしいお蕎麦でした。

“上手い”表現はできませんが、
“美味い”蕎麦でした。

 「…こういう試みも、大変面白いことだと思う。
一つの遊び心…」

そうです、そうです。遊び心を忘れたくないですね。

恒例の「十割そばの夕べ」。
私にとっても、だんだん恒例になってきました。
月がかわって3月になったんだなぁ~。

ごちそうさまでした。
4月も楽しみにしています。

投稿: おおつか | 2010年3月 3日 (水) 20時17分

おおつか さん、こんにちは。
お忙しい中を、ご来店ありがとうございます。
いつものそばとは、少し、
食感が違うかとおもいます。
また、いろいろなそばを試してみますので、
よろしくお願いいたします。

投稿: かんだた | 2010年3月 4日 (木) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「小太りの大人」は誰だろう? | トップページ | 春の「そば寿司のコース」 »