« けっこう多い「悪魔のような女喰い」 | トップページ | 春は待ってくれない。 »

2010年3月29日 (月)

汁徳利に入ったそば汁。

Sobatokkuri
かんだたでは、そば汁は、
汁徳利に入れて提供させていただいている。

だから、薬味の皿の下のそば猪口には、
最初は何も入っていない。

そば汁は、お客様の好みにあわせて、
そば猪口に注いでいただくわけだ。

遠慮がちに、ちょこっと、いれる方もいらっしゃるし、
中には、最初から、全部の汁を注いでしまわれる方もいらっしゃる。

他のそば屋さんの中には、
最初から、そば猪口に汁を入れてあって、
汁徳利をつけないところもある。

おお、その方が、汁を注ぐ手間が省けていいじゃないか、
と言う方もあれば、
途中から、汁の味を調節できないと、
嘆かれる方もいらっしゃる。

そばを汁につけて食べると、
どんなに水切りをしても、
どうしても、多少、
そば汁が薄まってしまう。

だから、かんだたでは、
そういう微妙な調整が出来るように、
食べている途中で、そば汁を継ぎ足してみて、
また、新たなおいしさと出会えるように、
汁徳利で汁をお出ししている。

もちろん、最初から全部注いでいただいても結構。
少しずつ足していただいても結構。

厨房から見ていて楽しいのは、
その、そば汁をそば猪口に注がれるときのお客様の表情。
さあ、そばが食べられるぞ、と言う期待と、
どんなものを食べさせられるのだ、という不安。
皆さん、それぞれなんだなあ。

中には、汁徳利と一緒に顔が傾いていく方、
あれっ、身体まで傾いている人がいるなあ。
いやいや、それも、ご自由。

薬味だって、
一度に汁に放り込んでしまう方もいらっしゃれば、
少しずつ、確かめるように入れていかれる方もいる。

ちなみに、江戸そばの伝統を守り抜いたと言われる、
浅草の「並木薮蕎麦」の故堀田平七郎さんは、
こうおっしゃっている。

「最後に汁徳利に残った汁を猪口に適量つぎ、少量残しておいた薬味の葱を入れてから、そば湯をさして飲み、そばの余韻を楽しんで欲しいと思います。」
(江戸そば一筋より)

汁徳利の汁は、少しは残しておいて頂いた方がいいのかなあ、
と思うところ。
だって、そば湯を飲む時になって、
そば猪口に残ったそば汁が多すぎることに気づいて、
湯のみや汁徳利に汁を戻す方、
けっこういらっしゃいますよ。

 

→→→人気blogランキング

|

« けっこう多い「悪魔のような女喰い」 | トップページ | 春は待ってくれない。 »

コメント

こんにちは。

徳利があるのはありがたいです。汁の濃さの調節がしやすいですから。汁って、多くても少なくても困るんですよね。

それではまた。

投稿: 所沢太郎 | 2010年3月31日 (水) 13時37分

所沢太郎 さん、こんにちは。
時々、汁の量がものすごく少ないそば屋さんがあったりしますよね。そば汁の出し方一つでも、その店の考え方が表れるのだと思います。

投稿: かんだた | 2010年3月31日 (水) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« けっこう多い「悪魔のような女喰い」 | トップページ | 春は待ってくれない。 »