« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月26日 (金)

「小太りの大人」は誰だろう?

ちょっと想像してみよう。

荒野を、一人の少女が、とぼとぼと歩いてくる。
彼女の頬はくぼみ、
腕は縄のように細くなっている。
乾いたゴボウが動いているような、
その脚は、よろめきながら、
まるで、身体が前に倒れるのを、
止めるがために、踏み出されているようなものだ。

少女は、もう何日も食べ物を口にしていない。
彼女の胃袋は、水以外のものを、
受け入れた記憶を失いかけている。

でも、ここに、彼女のためのミルクが、
ガラスのコップに入れられて用意されている。
その話を聞いて、彼女はわざわざ、荒野を歩いて来たのだ。

荒野の片隅に置かれたテーブルの上に、
彼女のために用意されたミルクの入ったコップを
遠くから見つけたとき、
彼女の顔は、希望に輝いた。
あそこまでいけば、あのミルクが飲める。

あともう少し、もう少し歩けば、
あの白い飲み物を、口に入れられる。
そうして、歩くのさえままならない、
この身体に、元気を与えられる。

彼女はそうして、必死で歩いて来た。
そうして、もう少しで、
ミルクの入ったコップに手が届きそうになった時、
そのグラスにまとわりついた水滴が、
グラスにそって垂れるのを見えるようになった時、
ミルクの匂いが、
鼻に心地よく届いた時、

、、、、

どこからともなく、
小太りの大人が現れて、
そのグラスを持ち上げて、
一気にそのミルクを飲み干してしまった。
そうして、空のグラスを、ポンとテーブルの上に置き、
少女を一瞥もせずに立ち去ってしまった。

空のグラスの前で、
少女の表情は、希望から悲壮に変わった。
彼女には、立ち去った小太りの大人に対して、
声さえ上げる気力もなかった。
涙を流す力も残っていなかった。
そうして、哀しい目を潤ませて、
ただ、そのコップのあるテーブルの下にうずくまったのだ。

、、、、その「小太りの大人」って、
ひどい人、、、、、だねえ。

国連機関の発表によると、
今世界で、飢餓、または食料不足に悩む人は、
10億人以上いると言う。
ええと、世界の人口が68億人と言うから、
世界全体で見ると7人に1人が、
食料問題を抱えていることになる。

世界では、飢餓や食料に関連した病気で、
毎日2万5千人以上が命を落としている。
そして、その半分以上が、5歳以下の子供だ。

さらに、問題なのは、その飢餓人口が、
広がっていることなのだ。

大変だ、世界全体で、食べ物が不足しているんだ、、、
という訳でもないらしい。
実は、世界中の人々が生きているだけの食べ物は、
生産されているそうだ。
ところが、それが、偏在しているところに問題があるようだ。

近年、全体に食料価格が上がり、
それを買う力のある国にだけ、
食べ物が集まっているのだ。
貧しい国の中には、
自国の食料を、お金を得るために売ってしまうところもあるとか。
その国の人たちは、何を食べればいいのだろう。

食料自給率41パーセントと言われる、
日本の食料事情。
食べ物は、世界中から集められ、
いつでも、好きなものを、いっぱい食べることが出来る。
おかげで、日本人の死亡原因の60パーセント以上は、
生活習慣病に起因しているもの。
つまり、食べ過ぎなのだ。
世界全体では、飢餓や栄養不足で亡くなる人がトップなのにね。

食べ物は、いつでも、
買ってくればあるという社会に住む私たちは、
ひょっとしたら、
いえ、ひょっとしたらだけど、
飢えに苦しむ少女のミルクを飲んでしまう、
「小太りの大人」になっているのかもしれない。

えっ、私は小太りではないって?
いえ、ほら、
意識の上での問題だから、、、。

時にはこんな地図をみて、
世界の食べ物のこと何ぞを考えてみよう。

WFP国連世界食糧計画 ハンガーマップ
http://www.wfp.or.jp/hungermap/index.html

ここで、
国産そば粉を使ったそば屋で、
そばを食べよう、、、
などと、中太りの私が言っても、
なにか、むなしい。

→→→人気blogランキング

| | コメント (2)

2010年2月22日 (月)

日本の食料自給率を上げるために、国産蕎麦をもっと食べよう!って。

さて、日本の食料自給率。
農水省の発表では、
日本の国民が購買する食品のカロリーのうち、
実に59パーセントが、外国から来たものだと言う。

だから、出来るだけ、
国産の食品を食べるようにしようと、
農水省は訴えている。

つまり、日本の国内で、
作られたものを、食べようというんだね。

でも、
日本で作られたものを食べたからと言って、
必ずしも、食料自給率が上がるという訳でもないらしい。
そこが複雑なところ。

例えば「鶏卵」。
これは、物価の優等生と言われるぐらい、
長い間値段が上がらずに、
広く使われる食材だ。
日本に出回るほとんどの生の「卵」は、
国内で作られたもの。
つまり、国内で飼われている鶏が生んだ「卵」なのだ。

ところが、
その鶏の餌には、輸入された穀物が使われている。

ある調査によると、
それらの鶏の、国産飼料の消費割合はわずか9パーセント。
ということは、
国産の鶏の「卵」なのに、
90パーセントは、外国の穀物の力で作られたことになる。

これと同じことが、
国産の牛肉、豚肉、鶏肉などにもいえるそうだ。
えっ、最近は、牛乳を作る乳牛の餌も、
外国産の飼料を使うことが多くなったって?
いくら、国産の肉を食べたって、
牛乳を飲んだって、
そのほとんどが、外国の穀物に頼って作られている。

野菜作りでも、比重が違うかもしれないが、
同じようなことがある。
これは、自給率の話とは、ちょっと違うけれど、
あえて脱線。

少ない面積で、効率よく野菜を育てる現代農業は、
多量の化学肥料を必要とする。
その化学肥料って、、、、、
やっぱり、外国からの輸入品から作られるのだ。

一昨年の原油価格の高騰の時、
化学肥料の値段も、同じように高騰したことを、
ご存知だろうか。

スーパーに売られている、
ホウレン草や、レタスや、トマトも、
外国からの輸入品で作られた肥料で育っているんだ。

そうして、
それらの野菜は、売り易いように、品種改良されて、
一代交配、つまり、種が採れないようになっている。
その野菜の種も、たいてい外国で作られ、
輸入されているようだ。

さらに、
畑仕事に欠かせない農業機械。
今はますます大型化して、性能が良くなっている。
それを動かす燃料は、、、、、

などと考え始めると、
何がなんだか、よくわからなくなる。
私たちの食べ物は、
とにかく、複雑に世界と結びついているようだ。

ある人の話では、
私たちが、毎日、もう一口だけ余計に、
ご飯、つまり、お米を食べるようにすれば、
それだけで、日本の食料自給率は1パーセント上がるらしい。

皆さんも、国産そば粉を使っているそば屋で、
そばを食べる回数を、もう一回増やせば、
日本の食料自給率は、、、、、、上がるかも、、。

またまた、強引な結論だったなあ。




→→→人気blogランキング

| | コメント (0)

2010年2月19日 (金)

日本の食料自給率は41パーセント。でも、、、

日本の食料事情を語る時に、
よく、食料自給率が話題にされる。

農水省によれば、
2008年度で見ると、日本の食料自給率は、
なんと41パーセントだという。
つまり、日本国民は、
食べ物の半分以上を、
外国からの輸入に頼っているということ。

そこで、国産の食べ物をもっと食べようと、
働きかけている訳だ。

ところが、ところが、
ある農家の方が嘆いている。
「俺がいくら、たくさん野菜を作って、
 みんなに食べてもらっても、
 ちっとも、日本の食料自給率は上がらないんだ。」

ええっ、だって、
日本の農家で作った野菜を食べるようにすれば、
自給率は上がっていくのではないの?

実は、農水省のいう食料自給率とは、
カロリーベースという計算方法。
つまり、流通された食べ物のカロリーを、
国民の消費した食べ物のカロリーで割ったもの。

その農家の作物はレタス。
だから、どんなに
農家の人が、一生懸命作っても、
私たちが、自給率を増やそうと、
そのレタスをたくさん食べたところで、
ほとんどカロリーのないレタスは、
食料自給率に、影響を及ぼさないのだ。

他の国では、この、
カロリベースで、自給率を計算するところは、
ほとんどないらしい。
農業国であるフランスは121パーセント、
アメリカは128パーセントと公表されているが、
これは、市場で取引される食料の金額ベース。
カロリーでは計算していない。

日本の自給率を、金額ベースに置き換えると、
だいたい65パーセントぐらいになるらしい。
何だ、それならばそんなに驚かないですみそうだ。

それに、この数字は、あくまでも、
市場を通して売買された食品から計算されたもの。
自家用に栽培された、
あるいは消費された食品は含まれない。

ほら、「かんだた農園」での収穫なんて、

計算されていない。

今、はやりの、産地直送も計算されているかどうか。

そう考えると、
けっこう、日本の食料の自給率は高いのではないか。
もし、世界になにかあっても、
日本は食べ物に、不自由をすることはないだろう。

、、、、と思ってしまいそうだが。

じつは、じつは、
日本の食べ物は、
私たちが思っている以上に、
外国に依存しているらしい。
ただただ、国産の食べ物を食べていれば、
自給率が上がるというものではないらしい。

なんだか、複雑で、
私にもよくわからないので、
この話は、また次回のつづき〜〜〜。

ところでそばは、
国産の自給率は20パーセント台といわれている。
これは、カロリーベースでも、
金額ベースでもない、
重量ベースでのお話。
あっ、またまた、話を複雑にしてしまった。

 

→→→人気blogランキング

| | コメント (0)

2010年2月15日 (月)

国産蕎麦が足りない!

去年は天候不順のため、
全国的に蕎麦が不作だった。
特に、大生産地である北海道の不作が響いた。
それに、地元、長野県でも、大幅な収量の減少。
かくして、国産の蕎麦が不足すると言う事態に陥った。

そば粉屋さんも、
自家製粉しているそば屋さんも、
玄そばの確保に奮闘。

おかげで、値段は上がりっ放し、、、みたいだ。

かんだたの「手打ち」そばは、
基本的に、北海道産と、長野県産の混合。
そんなもんで、そば粉屋さんから仕入れている粉の値段も、
あれっ、こんなに、、、
というぐらい上がっている。

そこで、値段を押さえるために、
外国産との混合、あるいは、
外国産そば粉への切り替えをされているそば屋さんも、
多くあると聞いている。
それは、仕方がないことだ。
何しろ、国産の粉がないのだから。

しかしながら、いくつかの試し打ちをしたが、
決して、外国産の、
(主にカナダと中国だけれど)
そば粉が悪い訳ではないのだが、
なにか違和感がある。
だから、今までの粉を使うことにしている。

おかげで、請求書の重さが、
ぐぐぐぐぐぐっと、増えてしまった。
だったら、売っている蕎麦の値段を、
上げればいいじゃないかという意見もあるが、
それにも抵抗がある。

もともと、
質のいい蕎麦を、
気楽に味わって頂きたいと思って始めた店。
そうして、
十年一昔と言うけれど、
二昔と少し前ぐらいの、
質の悪い蕎麦を平気で高く売りつける、
業界の姿勢に反感を覚えて始めたそば打ち。

そこで、私が、こんなことで姿勢を変えてしまったら、
何のためにそば屋を始めたのか分からなくなってしまう。

ということで、
ここは我慢のしどころ。
幸い、私の仕入れているそば粉屋さんも頑固者。
質の悪い蕎麦を売りに来ても、
手を出さない矜持を持ち合わせている様子。
私のようなほんの小規模の店の分ぐらいは、
確保が出来ているようだ。

こんな不作が、
今年は起こらないように祈らなければ、、、
と思っていたら、
またまた、気になる話をお客様から聞いてしまった。

なにしろ、
農家にとっては、
蕎麦の栽培は、儲からない。
ところが、去年の秋は、
ことのほか、高く売れたので、
出来た蕎麦をみんな売ってしまったところが多い。
それは、農家の人の励みになっただろう。
でも、みんな売ってしまった、、、、、

、、、今年の種は?

ということで、
まだまだ心配な国産の蕎麦の様子なのだ。

→→→人気blogランキング

| | コメント (0)

2010年2月 9日 (火)

善光寺のライトアップが始まった。

Templ_rojo
国宝である善光寺本堂の写真。

別に、火事で燃えている訳ではありません。
パソコンのソフトで、画像をいじった訳ではありません。

先週の土曜日から始まった、
第七回「長野灯明祭り」。
そこで、善光寺の本堂が、
五色の光で照らされているという訳。

正面は、この赤い照明。
横を回れば青と紫の光。
経蔵の緑、鐘楼の黄色と、
折から降り積もった雪の中に、
ホンワリと、歴史の染みた建物が浮かび上がっている。

14日(日)まで続くこの期間中、
参道には、切り絵を張った灯籠が並べられて、
訪れる人の目を楽しませてくれる。
いつも見慣れた善光寺とは、
また違った雰囲気の楽しめるこの祭り、
寒さの中を歩いてみるのも楽しいかも。

善光寺の参道の周りの宿坊でも、
それぞれに趣向をこらしたイベントを開いている。
ぜひそちらにもお立寄を。

普段は、見られない仏様などを、
この機会に拝むことが出来たりする。
例えば、仲見世から東に入った世尊院では、
いつもは閉じている、
国の重要文化財の「釈迦涅槃像」が公開されている。

仲見世から一本西にある通りの徳寿院では、
善光寺にまつわる伝説の紙芝居が演じられる。
11日(木)、13日(土)、14日(日)の、
夜六時半から、入場無料。
ボランティアの人たちが、
この日のために練習を重ねてきたんだね。
詳しくは、「歴史の町長野を紡ぐ会」のホームページへ。
こちら

ともかく、いつもは訪れる機会の少ない、
夜の善光寺界隈。
こういう祭りに、ぜひ歩いていただきたいと思う次第。
そうして、人でにぎわう参道を離れて、
静かな、自分だけの空間を探してみるのも、
面白いかもしれない。

Boukouji

かんだたも、この期間中は、
灯明を灯しています。

 

 

→→→人気blogランキング

| | コメント (0)

2010年2月 6日 (土)

「立春朝しぼり」

この寒い季節、
酒蔵では日本酒が仕込まれている。

大手メーカーでは、季節に関係なく酒を作っているが、
長野のような小規模の酒蔵が多いところでは、
この寒さを利用して、じっくりと酒を作るのが一般的。

その造り立ての酒を、ちょっと、味わってみよう。

Haru2_2

ということで、一昨日の立春の朝にしぼった、
「純米吟醸・無濾過生原酒」。
蔵は大町市の「白馬錦」。

生原酒って、蔵の見学にでもいかないと飲めないが、
こうして、出してくれるのだねえ。

実は、しぼり立ての酒を出荷できるというのは、
かなり、難しいこと。
というのは、たいていの酒は、
しぼり立ては雑味が強く、
爽やかさはあるが、うまみは少ない。

そうしてしぼった酒を、
蔵の中で夏を越させ、
秋になって、やっと、「新酒」として売られるようになるのだ。

だから、しぼり立ての酒を飲ませるっていうことは、
それなりの、自信と技術があるからなのだろう。

一昨日の夕方に、
しぼり立てを届けてくれた人の話では、
この酒を作るために、杜氏さんは、
かなり気を使ったとのこと。

だって「立春正月」の朝にしぼるって、
その日に合わせて、
酒の発酵をコントロールしなければならないのだ。

普通であれば、
樽の様子を見て、
発酵の進み具合を見極めて、
しぼる(上槽と呼ぶらしい)のだそうだ。
また、アルコール添加の酒であれば、
アルコールを入れて発酵を止めることが出来る。

でもこの酒は、
「純米吟醸」でアルコールは入っていない。

だから、しぼってみるまで、
杜氏さんは、気が気ではないらしい。

で、この「立春朝しぼり」。
飲んでみると、う〜〜ン、
爽やかな、口の中でとろける香りがする。
しぼり立てって、麹臭いものが多いけれど、
この酒は、結構あっさりと仕上がっている。
そうして、何よりも、○○○で
○○○○して、○○○いなあ。

えっ、
なんだか分からないって。
○は、自分で飲んで埋めてください。
二本しか入れなかったので、
まあ、なくならないうちにどうぞ。

あ!!!
「そば」も忘れないでね。

 

→→→人気blogランキング

| | コメント (0)

2010年2月 2日 (火)

カナダ中部ではそばの栽培が盛んに行われている。

本日は恒例の「十割そばの夕べ」。
皆さんありがとうございます。

さて、本日の変わりそばはこちら。

Sanaoria2  
さて、なんでしょう。
お食べになった方から、
「これは、分かり易い。」とのご指摘。
ちょっと、味が、強すぎたかも。

ということで、
「にんじん切り」を楽しんでいただいた。

本来は、人参のように繊維の強いものは、
変わりそばに向かないのだが、
最近は、乾燥粉末が自然食品店などに売られていて、
それを使って、そばに打ち込んでみた。

思ったよりもはっきりとした、
味、甘み、食感、、、そして、
青臭ささえも感じるそばとなった。

さて、今日のもう一つの主役の十割そば。
それも、ちょっと趣向を凝らしてみた。

Sanaoria1
まもなく始まる冬季オリンピック。
その開催地がカナダということで、
カナダ産のそば粉を使ってみた次第。

Canada_2
実は、カナダはそばの栽培が盛んな国。
欧米では、健康志向でそばの需要が高まっているが、
そのニーズに応えるべく、
品種改良や、栽培方法の改良などが精力的に行われているらしい。

ただ、欧米向けには、低カロリーで高タンパクな栄養素として、
菓子やパン、料理に使う加工用が多いので、
味の穏やかなそばが好まれるようだ。
そこで、日本向けには、風味豊かな品種を作り、
(たとえばKOMAのような、、、)
最大の輸出国である中国には、
遠く及ばないが、
ある程度の量を日本に送っている。

昨年の国産そばの不作の影響で、
このカナダ産、アメリカ産のそばが、
注目されているという話を聞いている。

そこで、そのカナダ産のそば粉で十割を打ってみた。

そうしたら、かなり、しっかりとした麺質となった。
ぼそぼそ感はなく、十割なのにのどごしがいい。
食感ももちっとした感じで食べ易い。

お客様からも、
「いつものとは違うねえ。」
ご指摘。
なるほど、やっぱり違うものだ。

ただ、どうしても、いつもの国産の粉に比べると、
味が薄く感じてしまうのは、否めない。
食感を重視するそばに使うのなら、
いいのかもしれないなあ。

そんなことで、
お国違えば、そば違う、、、
いえ、味違う。
そんなことも、楽しんでいただけたかなあ〜〜
という、そばの会だった。

 

→→→人気blogランキング

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »