« 「おいしいのはおそばです」と、七味唐辛子になぐさめられた。 | トップページ | カナダ中部ではそばの栽培が盛んに行われている。 »

2010年1月31日 (日)

多忙過ぎて休業、、、、「かんだた」ではありません。

何でもヨーロッパの権威あるレストラン雑誌で、
「世界で一番」と言われたレストランが、
スペインにある。

その名を「エル・ブジ El Bulli」。

スペインの北部、フランスの国境近くの、
交通の便の悪い小さな入り江に、
ひっそりとたたずむレストランなのだそうだ。

その辺鄙なところにあるレストランに、
世界中からグルメたちが訪れる。
「世界で最も予約の取りにくいレストラン」
と呼ばれている人気店だ。

地中海に面したこの地域は、
もともと、金持ちのヨーロッパ人のリゾート地。
そのため、レストランの営業は夏の半年あまりだけ。
それでも、この人気なのだ。

その人気を支えているのが、
シェフのフェラン・アドリアの作る独創的な料理。
その土地でとれる、ごく当たり前の素材を使って、
「えっ、これは何?」という、
驚きの一皿が、次から次へと、
テーブルの上に現れる、、、、、のだそうだ。

その、人気店が、2年間の休業を宣言。
シェフのフェラン曰く、
「忙しくて、くたくたになってしまった」からとか。

お客が来なくて閉店をする店は多いが、
忙しすぎて休業というのも、珍しい話だ。

でも、、、、
何となく分かる気がする。

El_bulli
たまたま、以前に手に入れておいた、
エル・ブジのレシピ本。
う〜〜ン、これは、料理というより、
芸術だなあ。
実際に食べに行った人の話では、
味を楽しむというより、その演出に驚かされる楽しみの方が大きいらしい。
常に、お客様に新鮮な感動を与えようとしているのだね。

だから、40席のレストランに40人のスタッフがいても、
シェフのフェランは大忙し。
店が閉店している冬の間は、
スタッフや他のシェフたちに、料理のワークショップを行っている。
だから、新しい料理を考える時間が欲しい、、、
とのことで、2年間の休業ということになるらしい。

料理の世界は、
今や、発想や想像力が問われるという。
昔ながらのことを、
ただ繰り返していたのでは、
大きな時代の変化の中を生きている、
お客様たちを満足させることは出来ないのだ。

そばの世界だって、
同じかも知れないなあ〜〜〜。
他と同じことをしていたのではいけない。
まねをしても、飽きられるだけ。

そんな訳で、新しいそばの世界を、
考えるために、「かんだた」も2年間の休業、、、、
なんて訳にはいかない。
私のような人間をたしなめる、
いいことわざが日本にはある。

「小人、閑居して不善を為す。」ってね。

フェランのような人だからこそ、
その休業も生かせるのだろう。
料理に必要な想像力と創造力を保つためにね。
でも、日本の全国紙に、
休業のニュースが載る「エル・ブジ」は、
、、、、、やっぱりすごい。

 

 

→→→人気blogランキング

|

« 「おいしいのはおそばです」と、七味唐辛子になぐさめられた。 | トップページ | カナダ中部ではそばの栽培が盛んに行われている。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「おいしいのはおそばです」と、七味唐辛子になぐさめられた。 | トップページ | カナダ中部ではそばの栽培が盛んに行われている。 »