« 地球を感じるそばを打ちたい。 | トップページ | チーム名は「ゴッヅ・オブ・ザ・プアー」 »

2009年12月 8日 (火)

そば打ちの前に。

長野は、例年のように寒くなって来た。
今朝も、一面に霜が降り、
気温は氷点下までさがったようだ。

今のところ、長野の街を囲む山々の白さも目立たず、
雪の降る気配はないが、
もう、いつ降ってもおかしくはない時期だ。

外に面している、そば打ち場の室温は8度。
そば粉を保管してあるので、
暖房もヒーターも入れられない。
そば粉は、温度変化を受けると、
急激に劣化してしまうからだ。

この中で、腕まくりをして、
そば打ちを始めるわけだ。
が、
このようなときに、
直ぐに打ち始めるわけにはいかない。

ほらほら、スポーツ選手を見てご覧なさい。
競技をする前に、
入念にウォームアップをしているでしょう。
身体を温め、筋肉をほぐして、
そうして、全体の動きを整えるのだね。

そば打ちだって同じこと。
スピードと筋力が必要な作業。
寒さに縮こまった身体で始めては、
スムーズに行かないばかりでなく、
必要な筋肉や関節に、ダメージを与えかねない。

だから、ちゃんとウォームアップ。
スクワットで身体全体を暖め、
肩、首、手首のもみほぐしとストレッチ。

これは、「プロ」としての仕事を続けるために、
大切な作業。
まず、身体の状態を、よく保つ努力をしなければ。

んなことで、
つい、遅れがちになる、そば打ちの時間。
まあ、私の場合は、
頭の中のウォームアップに時間が掛かったりするが。

これから寒くなれば、
そば打ち場の室温は、5度位まで下がる。
その中でも、しっかりとそばを打てるように、
身体を整えなければ。
熱い心だけでは、そば打ちは出来ないのだ。

たかが3分から5分位のウォームアップ。
あっちが痛い、こっちがつらい、
などと言わないために、
寒さの中で、しっかりと続けようと思う。

そうして、仕事を終わった後の、
クールダウンにも、
たっぷりと時間をかけなければねえ。

→→→人気blogランキング

|

« 地球を感じるそばを打ちたい。 | トップページ | チーム名は「ゴッヅ・オブ・ザ・プアー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地球を感じるそばを打ちたい。 | トップページ | チーム名は「ゴッヅ・オブ・ザ・プアー」 »