« あるそば屋の話 その2 | トップページ | 信濃町産の新そばは、、、、、いいねえ。 »

2009年11月 6日 (金)

そば屋の休日〜善光寺から往生寺、葛山、頼朝山へ。

善光寺のある平野は、
善光寺平と呼ばれて、山に囲まれている。
街から、少し離れれば、
すぐに山歩きを楽しむことができる。

ということで、
久しぶりの山歩きを楽しんだ、
「そば」の出てこない「そば屋の休日」。

今回選んだのは、
善光寺の西側にそびえる(?)葛山(かつらやま)。
前々日に初雪が降ったが、
天気は良さそうなので、手ぶらで出発。

写真は、クリックすると大きくなります。

Katura1

出発は善光寺。朝の九時。
平日でもあるし、この時間は静かにお参りが出来る。
本堂から西側(左側)にでて、往生寺方面に進む。

Katura2

すぐにあるのが湯福神社。
樹齢900年のケヤキの木がある。

Katura3

往生寺への坂は、リンゴ畑の中を通る。
つい、手を伸ばして採りたくなるような、真っ赤なリンゴ。

Katura4

かるかや伝説につながるお寺往生寺。
この、境内を横切って、お稲荷社の横から、
山道に入る。

Katura5

松や杉の植えられている混成林。
なだらかな登りの山道が続く。

Katura6

所々に、このような標識があって、
地図がなくともわかりやすい。

Katura7

頂上直下に、ちょっときつい登り。
それを過ぎれば、広々とした頂上。
さあ、サッカーでもするか。

Katura15

広々としているのは当たり前。
ここは、お城の跡なのだ。
川中島の戦いのとき、
この城は、激しい戦いの末に、
武田勢によって攻め落とされた。

Katura8

ちょっと霞んでいるけれど、
長野市街がよく見える。
東側の志賀高原方面、
北の飯綱山の眺めもいい。

Katura9

頼朝山方面への下り。
今度はカラマツの林で明るい。

Katura10

一度下って、5分ぐらいの登りでつく頼朝山。
この山頂もベンチやあずまやがあり公園みたいだ。
ここからも、長野市街がよく見渡せる。

Katura11

途中にあったハイキングコースの看板。
少しわかりづらい。

Katura12_2

山道から、民家が現れたところにある「瓜割り清水」。
昔は、戸隠街道を行く人たちの、
のどを潤したそうだ。

Katura13

下りたところは新諏訪町。
このままこの通りを東に行けば、
善光寺の仁王門に出る。

ということで、気持ちのいいハイキングが出来た。
こんな町中から、気楽に行けるのが、長野のいいところ。
でも、今回は、山の中で、誰にも会わなかったなあ。

善光寺→往生寺→葛山→頼朝山→善光寺
のコースで、ゆっくり歩いて3時間半。
夏は暑いので、今のような晩秋や初春におすすめのコース。

興味のある方は、
里山歩きの情報サイトとして人気の、
「信州山歩きマップ」にも載っているのでご参考に。
http://w1.avis.ne.jp/~nakajima/maphoku/mkatura.htm

 

 

→→→人気blogランキング

|

« あるそば屋の話 その2 | トップページ | 信濃町産の新そばは、、、、、いいねえ。 »

コメント

秋の里山、いいですね。
忙しがっていると、ついついよい時期を逃して冬になります。
うらやましいです。

たぶん旭山にも行かれたことがあると思いますが…。

里島発電所側から登ると、
裾花川の崖っぷちをあるくところは、
けっこう“スリルとサスペンス”ですね。

むか~しに整備された細い鉄製の柵が折れてたり、
なんとなく道がわかりにくいところがあったり…。

南側の小柴見、平柴側からは気楽な登りです。

投稿: おおつか | 2009年11月 9日 (月) 20時57分

おおつか さん、こんにちは。
はい、旭山にも行ったことがあります。
南側からなら、簡単に登れて、
景色も楽しめますね。
おっしゃる通り、里島からの道は、ずいぶん荒れていました。
登山道としては、もう、整備されていないのですね。

葛山からは、旭山がすぐ目の前に見えます。
山頂の人影が見えるぐらいの距離です。
川中島の戦いのときは、この山の上で、睨み合いをしていたと思うと、なんだかおかしな気がしてきます。
「お山の大将」って、こういう意味なんだな〜〜〜って。

投稿: かんだた | 2009年11月10日 (火) 06時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あるそば屋の話 その2 | トップページ | 信濃町産の新そばは、、、、、いいねえ。 »