« 黒さにはまる「黒小町」 | トップページ | 骨まで食べられる「サンマの梅煮」 »

2009年10月24日 (土)

全国的にそば不作の模様

う〜〜〜ん。困ったなあ。

やっと、ネットが開通して、
一段落したのに、新たな問題が持ち上がってきた。
それも、かなり深刻な問題だ。

何しろ、足りないのだ。

今日の地元長野の新聞「信濃毎日新聞」にも、
取り上げられていることだが、
国内のそばが「不作」なのだ。

国内産の半分近くを占める北海道の収量が減ったのは、
すでにお伝えした通り。
例年の5割ぐらいの収穫だと言う。
まあ、その分は、長野県内産を始め、
他の地域でまかなえるかな、、
と思っていたら、、、

甘かった。

長野県でも、そばの不作が確実になった。
七月の長雨で、そばを蒔くタイミングが狂い、
そばの成長が不調になったのだ。

また、長野だけでなく、東北地方や、茨城などでも、
例年より育ちが悪いらしい。
その結果、今年の玄そばの取引の価格は、
かなり上がってしまった。

当然、「国産限定」で仕入れている、
かんだたのそば粉の値段も上がることになる。
かといって、そばの価格を、簡単に値上げできるものではない。

こういう年もあるんだね。
産地限定で、玄そばを仕入れている店など、
かなり影響が出ることだろう。

「かんだた」の使命は、
質のいいそばを食べていただいて、
お客様の身体の中から、元気になっていただくこと。
そのためには、お客さまの手の届く「手打ちそば」を作りたい。

今年の不作で値が上がったからといって、安易な値上げで、解決できものではないだろうなあ。

ということで、
「もうけ」の出来ない一年を過ごす覚悟を据えなければ。
誰のせいでもない。
地球の気まぐれなのだ。
きっと、農家の人たちだって、
顔で笑って心で泣いていることだろう。

せっかくの「新そば」の季節。
こんな話題になって申し訳ない次第。
だからこそ、今年のそばを、
大切に味わっていただきないなあ。

→→→人気blogランキング

|

« 黒さにはまる「黒小町」 | トップページ | 骨まで食べられる「サンマの梅煮」 »

コメント

深刻な話ですね。
読んでいて、「『もうけ』の出来ない一年を過ごす覚悟を据えなければ。」という箇所に引っかかりました。

不作なんだから、値上げがダメなら量を減らす、ということでいいのではないですか? こういう理由で量が少なくなっています、という貼り紙でもして。それがわかれば大事に食べますから。

かんだたのそばを食べる人にとっては、値上げよりも、店がやっていけなくなることの方が大きな問題です。ですから、どうか無茶なことはしないでください。

と、これは一かんだたファンの意見でした。

投稿: 所沢太郎 | 2009年10月25日 (日) 00時08分

所沢太郎さん、こんにちは。
いつも応援ありがとうございます。
そば粉の値段については、まだまだ、不透明な状態ですね。
そば粉屋さんも努力されているので、私もがんばらなくては、と思っているところです。
出来るだけのところまでは、我慢するつもりですよ。
何より、おいしくそばを食べていただくのが、いちばんですから。

投稿: かんだた | 2009年10月25日 (日) 07時12分

ネットが開通して良かったですネ!
またまた問題が・・・。
余り我慢しないでお客様に少しは甘えてください。

投稿: キーママ | 2009年10月27日 (火) 02時51分

キーママさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。
ネットの開通にはずいぶんと時間がかかり、ご心配をおかけしました。その前にはパソコンが壊れるし、世の中、いつもうまくいかないものですね。
そば不足は、まだ状況がはっきりしません。出来るだけ、努力をしてみます。

投稿: かんだた | 2009年10月27日 (火) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒さにはまる「黒小町」 | トップページ | 骨まで食べられる「サンマの梅煮」 »