« 江戸時代の「駅路そば」は今でも。 | トップページ | あえて、誤解の多い「更級粉」その1 »

2009年9月 1日 (火)

乾燥粉末を使って打ったのだけれど。

店の隣の寿司屋さんが閉店です。
もう、70才を前にして、
あまり体が利かなくなってきたからだという。
40年もの長い間、ご商売ご苦労様でした。

でも、この路地の灯が、
また一つ、消えてしまう。

ということはさておいて、
このふてぶてしい表情は何だ!

Calabaza2

で、本日は、定例の「十割そばの夕べ」。
本日の変わりそばは、
上の写真のとおり。

みなさん、「うっ、甘みが感じられるね。」とか、
「これは、もろな味だよ。」
とか、
「味はないけれど、色がいいねえ。」とか、
「ちょうど、今の季節にあっているんじゃないの。」とか、
様々なご感想を。

Carlabaza

そういえば、黄色いそばは久しぶりのような気がする。

折から世間を騒がせている新型インフルエンザ。
それに、対抗できるかどうかは知らないが、
体の免疫力を高めるカロテンが豊富。
ほかにもビタミンやミネラルがたくさん含まれている、
栄養価の高い野菜。

なのに、どうもあまりいいことを言われない。
中が空洞なせいか。
これに頭がつくと、まるでどこかの国会議員、、、、
いえいえ、選挙も終わったので、
そんなことを言ってはいけないねえ。

シンデレラをお城に運ぶ馬車にも使われたなあ。
でも、帰りはどうしたのだろう?

ということで、本日の「カボチャ切り」も、
なかなか好評だった。
みなさんありがとうございました。

ところで、話は違うけれど、
私の畑のカボチャは、
どうも、ホクホクせずに水っぽい。
聞けば、河川敷のような砂地では、
おいしいカボチャはできないらしいのだ。
う〜ん、私の頭のせいではないようだ。
ちょうど、脳みそと同じぐらいの重さの、
小振りのカボチャがゴロゴロしているからね。


→→→人気blogランキング



|

« 江戸時代の「駅路そば」は今でも。 | トップページ | あえて、誤解の多い「更級粉」その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江戸時代の「駅路そば」は今でも。 | トップページ | あえて、誤解の多い「更級粉」その1 »