« 石臼は、ハサミのように、そば粒を切る。 | トップページ | そばの芽を、鹿から守る「キャンプリレー」。 »

2009年8月12日 (水)

14日(金)15日(土)は「善光寺お盆縁日」。

やっと、やってきた夏の日差し。
夕方見えたお客さまは、
顔も腕も真っ赤に日焼け。
今までの調子で、
何も塗らずに、一日ゴルフをされたそうだ。

見るからに、ゆでだこ状態。
「いやあ、アルコールも入っているからね。」
という、ご本人の言い訳もほほえましい。

やっと夏になったのかなあ?

ということで、
明日からは、月遅れのお盆。
みなさん、お休みになって、
ふる里に帰られるのだろうか。

長野は、今日は「お花市」。
お盆に飾る花を求める人たちで、
町の中は賑わったようだ。

そうして、
14日、15日には、
善光寺本堂前で、盆踊りが催される。
「第三回善光寺お盆縁日」

近所の人の話では、
「お坊さんたちが、
 踊る気満々だよ!」
とのこと。

国宝善光寺の本堂の前で、
お坊さんと踊る盆踊り。
たくさんの人の輪が、
あの本堂前を埋め尽くすことになりそうだ。
その人込みにまぎれて、
阿弥陀様も、えんま様も踊っているのかもしれない。

店の営業があるので、
見にいけないのが悲しい。
とほほ。

これにあわせて、参道では、
様々なイベントが行われる。
その一つに、善光寺にまつわる伝説を、
「紙芝居」で紹介するステージがあるので、
ぜひぜひ、御覧あれ。
また、地元の人たちによる、
模擬店もあるので、お立ち寄りを。
(えっ、今年は、焼そばがおいしいって?)。

そうして、善光寺本堂の前の踊りの波の中。
その上に張り巡らされた「ちょうちん」の中に、
ひょっとしたら、
「かんだた」の名前を見つけることができるかもしれない。

もし見つけた人は、
少なくとも30秒間は、幸せな気分になれることだろう。
そうして、
死ぬまで「長生き」できることを保証しよう。


→→→人気blogランキング

|

« 石臼は、ハサミのように、そば粒を切る。 | トップページ | そばの芽を、鹿から守る「キャンプリレー」。 »

コメント

本文と関係なくてすみません。
今日(木曜日)11時半ちょっと前にお店に行きました。まだ支度中ということで、店の前のベンチで汗を拭っていました。
3年ぶりくらいの「かんだた」でして、メニューのありかもわからず。ご主人に「その緑色のを見てください」と言われ、結局いつものとおり「極楽セット」をお願いしました。そのあと、よくよく見たら「にぎわいセット」なる新たなメニューを見つけ、しかもそれが限定ということで少し後悔。でも「極楽セット」は美味しく、その前に蕎麦茶がおいしく、その前に店員さんが親切で、気持ちのいい時間が過ごせました。
善光寺参りの疲れもどこかに吹っ飛び、体も軽くなりました。ありがとうございました。

投稿: 所沢太郎 | 2009年8月14日 (金) 00時41分

所沢太郎 さん、こんにちは。
あっ、ご来店、ありがとうございました。
昨日の一番に入られた方だったのですね。
気が付きませんで、大変失礼いたしました。
仕込みに追われていたために、
お相手もできずにすみません。
久しぶりのおそばは、いかがだったでしょうか。
暑い日で、みなさん蕎麦茶のお変わりをされていましたね。
メニューも少しずつ変わっています。また、よろしくお願いいたします。

投稿: かんだた | 2009年8月14日 (金) 06時03分

お返事、ありがとうございます。
ひさしぶりのおそばの感想は、細くて、みずみずしくて、最高でした。そして、「つゆが甘くない」というのが印象に残りました。いつも食べている蕎麦つゆには、砂糖か味醂が多く使われているのでしょう。
かんだたのおそばをまた食べたいです。今度はいつになるかわからないのですけれど。

投稿: 所沢太郎 | 2009年8月14日 (金) 09時16分

所沢太郎 さん、こんにちは。
そばをおほめ頂き、ありがとうございます。
そばつゆも、辛くなく、薄くなく、甘さが残らないように作っていきたいと思っています。
また機会がありましたらお寄り下さい。
いつでも、そして、気長に、お待ちしています。

投稿: かんだた | 2009年8月14日 (金) 15時32分

はい、今年は焼きそばがよく売れました^^
天気にも恵まれてよかったです。
かんだたさん、来年は屋台であぶら地獄
でも売りましょうよ^^

投稿: のん兵衛みやいり | 2009年8月16日 (日) 10時23分

のん兵衛みやいり さん、こんにちは。

お盆縁日、お疲れ様でした。
今年も大盛況だったとか。
焼そばが売れてよかったですね。
パートさんの話ではテレビに映っていたそうですよ。
ははは、あぶら地獄ですか。
「そば」ではいけませんかねえ?

投稿: かんだた | 2009年8月16日 (日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石臼は、ハサミのように、そば粒を切る。 | トップページ | そばの芽を、鹿から守る「キャンプリレー」。 »