« 製粉屋さんによって違う粉の性質。 | トップページ | 8月5日(水)のSBCスペシャルは長野の路地を探訪。 »

2009年7月31日 (金)

ちょっと気にかかるこの天気。

梅雨が明けたはずの長野地方。
でも、連日の雨模様。
ジメッと蒸し暑い日が続いている。

こういう天候だと、
畑の農作物への影響が出そうだ。
かんだた農園の野菜たちは元気だが、
どことなし、葉の色が薄い気がする。
日照不足なのだろうか。

土が湿っているために、
ジャガイモの収穫が出来ないでいる。
畑周辺では、むじなの出没が噂され、
イモやトウモロコシが被害にあっているそうだ。
むじなに掘られる前に、収穫しなければ。

ちょうどこの時期は、
長野では、そばの種を蒔く時期でもある。
手蒔きの小規模な畑ならいいが、
大型機械を使うような畑では、
畑に入ることができず、
種まきが遅れるに違いない。

多少であれば、収量には影響しないだろうが、
やや気になるところだ。

そして、国産そばの半分近くを生産する北海道。
こちらも、長雨に悩まされているらしい。
本来は、梅雨のない北海道だが、
今年は、ずいぶんと雨が降ったという。

先日のニュースでも、
収穫を迎える小麦に被害が出ている、
と伝えていた。
北海道のそばは、今が成長期。
もう間もなく花が咲きはじめるだろう。

このような天候の影響を受けなければいいが。

Sobanae

で、こちらは、全く天候の影響を受けない、
「そばなえ」の育ち具合。
今の季節なら、一週間でこのくらいに成長。
これをつまんで、料理のあしらい等に使っている。

あっ、茎が赤くなるためには、
日光に当てなければならないから、
やっぱり、少しは天候の影響があるかも。


→→→人気blogランキング

|

« 製粉屋さんによって違う粉の性質。 | トップページ | 8月5日(水)のSBCスペシャルは長野の路地を探訪。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 製粉屋さんによって違う粉の性質。 | トップページ | 8月5日(水)のSBCスペシャルは長野の路地を探訪。 »