« 御開帳で認識する善光寺の力 | トップページ | 混雑しても、うれしいお客さま。 »

2009年4月27日 (月)

草の香り「よもぎきり」

昨日の日曜日は、
月例の変わりそばの日。
今回は「よもぎ切り」。

Yomogi

畑の畦に、萌え出したよもぎ。
それを、摘んできて、
そばに打ち込み、
春の草の香りを楽しもうという趣向。

ところが、御開帳で訪れた方々で、
店は大混雑。
せっかく来られたご常連の皆様、
店に入れなかったり、
売り切れになってしまったりで、
大変ご迷惑をおかけしました。
申し訳ありません。

この、「よもぎ」という草、
古くから、身近にある薬草として、
親しまれてきた様子。
お灸に使う「もぐさ」は、この草から作られるし、
生の葉は止血に、乾かして煎じて飲めばお腹に効くし、
風呂に入れれば、痔などにもよろしいようで。

もちろん、草餅にして食べるのも、なかなかおいしい。
この草は、ビタミンやミネラルが豊富なので、
昔の人は、ちゃんと工夫して食べていたのだ。

昨年は、そばに混ぜる量が、ちょっとちょっと多すぎたので、
今年は控えめに。
写真ではきれいな色が出なかったが、
実際には、さわやかな色と香りになった。

Yomogigiri

このそばは、よもぎが繊維質が多く、
よくつながるので打ちやすい。
でも、打つ前に、包丁は良く研いでおかなくては。
そうしないと、「切り」で苦労することになる。

普段は、切り板に引っ掛かるからと、
もっともらしい言い訳をして、
包丁をそのままにしておいた私でも、
前の日に、しっかりと、研ぎ直しておいた。
おかげで、今年は、きれいに切れたなあ。

5月は、混雑が予想されるので、
「変わりそばの日」はお休み。
また次回をお楽しみに。
(小声で、、、6月は茶そばの予定。)


→→→人気blogランキングへ

|

« 御開帳で認識する善光寺の力 | トップページ | 混雑しても、うれしいお客さま。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 御開帳で認識する善光寺の力 | トップページ | 混雑しても、うれしいお客さま。 »