« 善光寺への旅〜BS放送局の取材 | トップページ | 「そば寿司のコース」のご紹介 »

2009年3月 8日 (日)

御開帳への準備が進んでいる善光寺

Tem4

先日の水曜日、
平日とはいえ、昼時に閑散としている善光寺境内。
やはり、今の季節は、
訪れる方が少ないのだろうか。

Tem

本堂前の、御開帳を知らせる高札。
来月4月5日より、5月いっぱいにかけて、
ここ、善光寺では御開帳が行われる。

インドから伝わったという、善光寺の仏様は、
誰も見ることのできない絶対秘仏。
そこで、同じお姿の前立本尊を、この期間に公開するのだ。

本堂の前には、高さ10メートルほどの回向柱が建てられ、
前立本尊と紐でつながれる。
つまり、その回向柱に触ることによって、
仏様と縁が結ばれることが出来るのだ。

この期間中は、
たくさんの方々が、参拝にやってくる。
六年前の前回には、600万人もの人が、
善光寺を訪れた。

ええと、約二か月だから、
一日平均10万人の人出。
正月の三が日並みの混雑が、二か月も続くのだ。

だから、今の静けさが嘘のようだ。

Tem1

しかし、着々と準備は進んでいる。

本堂前の植え込みには、
真新しい竹垣が作られた。
これは、地元の職人さんが奉納したもの。

Tem3

説明の看板も新しくなった。

門前のそば屋さんや土産物屋さんには、
この御開帳期間のアルバイトを募集する張り紙がある。
表通りの店で聞いたら、
とにかくすごい人出なのだそうだ。

「手打ちそば屋 かんだた」は、
オープンしてまる4年。
まだ、御開帳を経験していない。

まあ、ちょっと離れた、分かりにくい路地裏の私の店までは
来られる方は少ないかもしれない。
でも、少しは来ていただきたいなあ。

ということで、
土曜日曜と、五月の連休中のアルバイトスタッフ募集中。


→→→人気blogランキングへ

|

« 善光寺への旅〜BS放送局の取材 | トップページ | 「そば寿司のコース」のご紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 善光寺への旅〜BS放送局の取材 | トップページ | 「そば寿司のコース」のご紹介 »