« ケシのかわりにソバ、ミャンマーでの試み。 | トップページ | そば粉でお雛様。 »

2009年3月21日 (土)

ミャンマー産ソバのサンプル。

Ms

前回、ミャンマー産のそばが、
長野に届いた話を書いたが、
そば粉屋さんが、
早速サンプルを持ってきてくれた。

写真がミャンマー産の玄そば。
見たところは、なかなか良さそうなソバだ。

聞くところによると、
北海道のキタワセソバを持っていって、
蒔いたのだそうだ。
かなり南の、緯度の低い場所なので、
日照の長さに関係なく花をつける、
キタワセを選んだに違いない。

Ms2

割ってみれば、薄皮はほんのりとした緑。
結構、いい状態で運ばれてきたみたいだ。

しかしながら、
このソバを使うのは難しい。
国産指向の強い中、
たとえ麻薬撲滅のためだとはいえ、
まだ、品質の不安定さのあるソバを、
選ぶのはリスクがある。

でも、
話の種には面白そうだ。
ちょっと、イベントなどをして、
ミャンマーの国の様子などを聞きながら、
このソバで作ったそばを食べるのも、
意味のあることかもしれない。

本当に麻薬撲滅のためになるのなら、
そば屋でまとまって、
「ミャンマーそばの日」なんて作って、
このそば粉を使うようにすれば、
楽しくなることだろう。


→→→人気blogランキングへ

|

« ケシのかわりにソバ、ミャンマーでの試み。 | トップページ | そば粉でお雛様。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケシのかわりにソバ、ミャンマーでの試み。 | トップページ | そば粉でお雛様。 »