« 「食品の裏側」から見える社会の裏側 | トップページ | 善光寺への旅〜BS放送局の取材 »

2009年3月 4日 (水)

頭にいい「ワカメ切り」

昨夜は、細雪の降る、
寒い夜となった。
まだまだ、油断できない長野の冬。

その寒い中を、いつものように、
大勢の御参加をしていただいた、「十割そばの夕べ」。
皆さん、ありがとうございました。

Wakame

今回の変わりそばは「ワカメ」

さっと湯を通して色を出したワカメを、
ミキサーで細かく刻んで、そばに打ち込む。

点々とワカメの粒がそばに浮く、
きれいな色のそばになった。

ワカメなので、味は付かないが、
食べた後に、ほのかな磯の香りがただよう。

誰かが言っていた。
「頭によさそうなそばだなあ。」
えっ、頭?
、、、、髪の毛のことらしい。
ううん、なるほど。

ワカメは、ヨード、カルシウムをはじめとする、
ミネラル分が豊富な食べ物。
ということで、
みなさん、健康になってお帰りになったはず。

Marunuki

今回は、十割そばの方も、かえてみた。
いつもとは、違う粉屋さんの、
「丸抜き挽きぐるみ」。

非常に細かい粉で、よくしまり、
十割でも端正に仕上がる。
味、香りとも優れたそばだ。

このように、違うタイプの粉を、
打ってみるのも、いい経験になる。

「おいおい、俺たちを実験台にするつもりかい。」
そのとおり、
やっと、お気付きに、、、、。


→→→人気blogランキングへ

|

« 「食品の裏側」から見える社会の裏側 | トップページ | 善光寺への旅〜BS放送局の取材 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「食品の裏側」から見える社会の裏側 | トップページ | 善光寺への旅〜BS放送局の取材 »