« 引く技術 | トップページ | そば釜に膜が張る。 »

2009年3月29日 (日)

不精はできない「桜切り」

東京では桜が咲き、
お花見の名所は大にぎわいをした、
今日の日曜日だったようだ。

長野は今朝も氷点下。
ここのところ寒い日が続いて、
桜のつぼみも縮こまっている。
でも、天気に恵まれ、
善光寺御開帳に使う回向柱は、
大勢の人に囲まれ、
松代から善光寺へと運ばれたようだ。

店のすぐ近くを通ったのだけれど、
窓のない蔵づくりのため、
全く気配も音も気付かなかった。
お客様の話では、
柱の周りは、ものすごい人でいっぱいだったそうだ。

この柱が本道の前に建てられ、
いよいよ、来週から御開帳が始まる。

Sakura

そうして、今日は恒例のかわりそばの日。
ということでお出ししたのが「桜切り」。

伊豆産の大島桜の葉の塩漬けを刻んで、
更級そばに打ち込んだ。
葉は、塩抜きをした後、
一枚一枚葉脈をを取り、
細かく刻む。
意外と手間がかかるのだ。

今年はこの手間を省こうと、
製菓用の桜の葉の粉末を手に入れ、
そば生地に混ぜるだけにしようと思っていた。
ところが、サンプルで試したら、
何か物足りない。
香りが少ないのだ。
やっぱり手抜きはできないなあ。

そういうわけで、いつもと同じように、
桜の葉を刻んで作った「桜切り」。
お客さんいわく、
「桜餅」の香りのするそば。

人気であっという間に売り切れ。
せっかく、当てにしてこられた方、
すみませんでした。
ついでに写真も撮り忘れた。
ので、去年の写真。

Sakura2

長野の桜の開花予報は4月6日。
この寒さで、少し遅れるかもしれないが、
楽しみが先に延びれば、
得した気分になる私なのだ。


→→→人気blogランキングへ

|

« 引く技術 | トップページ | そば釜に膜が張る。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 引く技術 | トップページ | そば釜に膜が張る。 »