« ノロウイルスで給食が中止された。 | トップページ | 2月3日は「節分そば」。 »

2009年1月30日 (金)

ストレートがお勧めのそば焼酎

さて、最近は、
日本酒より、焼酎を飲まれる方が多いようだ。

店でも、よく、言われる。
「そば屋だから、そば焼酎で、そば湯割りでしょ。」

確かに、あまり味のない焼酎を、そば湯で割ると、
そば湯のうまみで飲めてしまうことがある。
でも、
そば屋だから、
そば焼酎で、
そば湯割り?

ちょっと、安易すぎる発想ではないかなあ。

それに、そば焼酎というのは、
それ自体にあまり味がなく、
面白みに欠けるところがある。
地元長野でも、いくつか作られていて、
ずいぶんと、味見をしたが、
さっぱりとした感じはするが、
物足りなさが残っていた。

そう思っていたら、
酒屋さんが、グラスを差し出し、これを飲んで見ろという。
なんだか分からず味見をしたら、
なかなか、いける。
しっとりとした、落ち着いた感じがいい。
でも、これって、麦焼酎じゃないの?
と言ったら、
酒屋がニヤッと笑う。

「鹿児島のそば焼酎だよ。」

Sobaoshou ということで、
取り寄せたこのそば焼酎。
さつま無双の「そば和尚」。

この焼酎は、8年寝かして、
ブレンドしたものだという。
お勧めはストレート。
しっかりとした、焼酎の味を楽しめる。

そば湯で割ってみても、
アルコール臭さがなく、
すっと飲める。
焼酎をあおるのではなく、
じっくりと楽しみたい方にお勧め。

ご常連さんに試していただいたが、
なかなか好評。
取り扱っている酒屋まで、
買いにいった方もおられるとか。

ということで、
またまた、増えてしまった、
メニューに載らない裏メニュー。

やっぱり、
「そば屋で、そば焼酎で、そば湯割り」
の流れになってしまうのだろうか。


→→→人気blogランキングへ

|

« ノロウイルスで給食が中止された。 | トップページ | 2月3日は「節分そば」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノロウイルスで給食が中止された。 | トップページ | 2月3日は「節分そば」。 »