« きっといいことがある!! | トップページ | 悪いことをするのは今のうち、御印文頂戴(ごいんもんちょうだい) »

2009年1月 6日 (火)

店の中にもインフルエンザ。

いよいよ、正月休みも終わって、
普段の生活に戻られた方が、
多いことだろう。

あるお客さまは、
正月休みに入ったとたん、
風邪で寝込んでしまったそうだ。
せっかくの休みなのに、もったいない。

町では、風邪や、インフルエンザが流行っているらしい。
マスクをして、ご来店なさる方が多い。
近々発生する恐れのあるという、
新型インフルエンザにも、備えなくては。

さて、
店の中にも、
時々、
インフルエンザが発生するときがある。

他の方の食べるのを見て、
やっぱり同じものを欲しがるのだろうか。
いや、
一階と二階で、料理が見えないのに、
発生することがあるし、
お客さまが入れ替わっても続くことがあるので、
なんとも言えない。

日によって、
ある特定のメニューだけが売れる日があるのだ。

例えば「鬼おろし」というメニュー。
夏にはよく出るのだが、
冬にはあまり出ない。
それが、どういうわけだか、
続いて何品も注文が、出ることがある。

どうも、その日は、
「鬼おろし」ウイルスがその辺に漂っていて、
やってきたお客さまに感染しているようだ。
だから、私は、
「鬼おろし」のインフルエンザが流行った、
と呼んでいる。

本物のインフルエンザは、
体力の弱った人などに感染しやすい。

そば屋のインフルエンザも、
弱いところに感染するのだ。
「おろし」が少ないけれど、
まあ、なんとか間に合うだろう。
ちょっと、刻んだ青ネギが足りないけれど、
きっと、大丈夫だろう。

そんなふうに思っている時に限って、
「おろし」や「青ネギ」を使うメニューが、
インフルエンザに感染するのだ。
おいおい、勘弁してくれよ。

正月のある日には、
「鴨ネギそば」のインフルエンザが猛威をふるい、
次の日には「油地獄」が餌食になった。

店には「売り切れ」という、絶対的な特効薬もあるのだが、
何分にも、副作用が大きい。

こういうインフルエンザに負けない、
しっかりとした、体力づくりをしなければ。

町に流行っている、
インフルエンザを防ぐには、
マメなうがいと、手洗い。
そば屋のインフルエンザを防ぐには、
マメな仕込みが必要なのだ。

みなさん、気をつけましょう。


→→→人気blogランキングへ

|

« きっといいことがある!! | トップページ | 悪いことをするのは今のうち、御印文頂戴(ごいんもんちょうだい) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きっといいことがある!! | トップページ | 悪いことをするのは今のうち、御印文頂戴(ごいんもんちょうだい) »