« ぼくに名前をつけてください。 | トップページ | 準備に追われる「年越しそば」 »

2008年12月20日 (土)

権堂アーケードのイルミネーション

この十二月は、
結構暖かな日が続いているようだ。
今日の朝は氷点下1℃。
しかし、晴天の昼間には12℃ぐらいまであがったらしい。

こう暖かいと、
あまり、長野の年の暮れという感じがしない。
もうじきクリスマスだが、
街にはそんなムードが漂っているのだろうか。

Luses 店の近くの、権堂アーケードのイルミネーション。

今年から、通常の照明を早めに落とすことにしたので、その明かりが引き立つようになった。
こうしてみると、結構、きれいなものだ。

写真をクリックして、拡大して御覧あれ。

でも、あれ!
全然人が歩いていない。

真夜中ではない。
おととい木曜日の夜9時ごろ。

暮れの飲み会の、一次会がちょうどはねた時間帯なのだけれどね。

世の中のせいか、
誰かのせいか、
単にこの街が廃れているせいなのか、
よくわからない。

街というのは、
人と人が出会う場所。
その中から、新しい関係が、
始まる場所。
その中から、今までにない力が、
湧いてくる場所。

せいぜい、クリスマスには、
この街が、
人々の優しいざわめきで溢れてほしい。
いや、きっと、
そうなることだろう。

でも、
「かんだた」は、
クリスマスイブの24日は、
定休日で休み。
あれ、水をさしているのかな、、、、
関係ないのかな、、、、。


→→→人気blogランキングへ

|

« ぼくに名前をつけてください。 | トップページ | 準備に追われる「年越しそば」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼくに名前をつけてください。 | トップページ | 準備に追われる「年越しそば」 »