« ターザンの石 その1 | トップページ | ぼくに名前をつけてください。 »

2008年12月13日 (土)

ターザンの石 その2

休みの日、ばたばたと、
いろいろと忙しかったので、
どこかで食事をしようということになった。

そこで、以前から気になっていた、
あるレストランに行ってみることにした。
時間は8時を少し過ぎた頃。
ガイドブックには、夜は9時まで営業と書いてある。

こうこうとライトに照らされていて、
大きく「営業中」の看板。
やっと、食事にありつけるかなあ、
と思って、中に入ると、
あれれ、店の中には誰もいない。

厨房の奥に声をかけて、
慌てて出てきたユニフォームの女の子。
私たちの顔を見るなり、
「ラストオーダーは、8時半となっております。
 それでも、よろしいですか。」
と言い出す。

言葉は丁寧。
顔も作ったような笑顔。
でも、その言葉には、
(なんで、こんな時間に入ってくるのよぉ、
 私は、時間きっかりに終わりたいんだから。)
というオーラが、燦然と輝いている。

こっちは、腹ぺこで、わざわざ、
ここまで来たのだ。
すぐに食べて帰るからと云って、
奥のテーブルに行こうとしたら、
「ただいまの時間は、こちらでお願いしております。」
と、入り口のパーラー席を指す。

奥の、雰囲気の良さそうな、
木のテーブルが、たっぷりと空いているのに、
どうして、入り口の、
安っぽい、プラスチックのテーブルで食べなくちゃいけないんだ。

この、女の子、
どうしても、我々に今から食事をしてもらいたくないらしい。
気持ち良く、食べることができなさそうなので、
彼女の思惑通り、退散することにする。

振り返ってみると、
入り口には、しっかり営業中の看板。
「もう終わりだよ」と書いて、
電気を消した方が、
地球の為にも、
その明かりに誘惑される通行人の為にもなるのになあ。

今時、こんな店があるんだね。

と、ここで、怒ってばかりいてはいけない。
こういうときこそ、
ターザンの石、ならぬ他山の石の出番。

他の人の悪いことを見て、
自分を磨かなくては。

確かに、私も、
閉店間際に入って来られるお客様には、
困ったなあ、と思うこともある。
特に忙しかった日などは、
片づけや、次の日の仕込みを、
早くはじめたいことがある。

でも、そういう気持ちを持つと、
自ずから、態度や言葉に出るのだね。
お客さまは、そういう雰囲気を、
敏感に感じとってしまう。

店には、店の都合があり、
お客さまにはお客さまの都合がある。
私のような個人店は、
閉店時間などは、柔軟に対応するべきだろうなあ。
そうして、それができないのであれば、
率直にそれを伝えればいいのだ。

先日来られたお客様も、
かなり怒っていた。
8時までの営業時間だというので、
7時半に、あるそば屋に入ったら、
もう閉店ですと言われたそうだ。

「そばなんか、5分もあれば喰えるだろう、
 何が8時まで営業なのだ!!!」

ごもっとも、、、です。

「かんだた」の営業時間は8時まで。
でも、8時までに入って頂ければOKという意味で、
掲げさせていただいている。

自分が、お客の立場として、
こういう目に遭ってみると、
その気持ちが、よくわかるものだ。
こうして、他山の石で、
自分を磨くように努めなければ。

磨いても、すぐに曇ってしまうのが、
私の石だけれどね、、、、。


→→→人気blogランキングへ

|

« ターザンの石 その1 | トップページ | ぼくに名前をつけてください。 »

コメント

よ~~~ぉく分かります(^-^;
うちのオーナーは、まったくその通りで、
「もう終わりです」って軽く言います(笑)
勿論、看板も袖看板も消してからですが。
でも閉店時間をしっかり伝えます(苦笑)
食事が終わっても、ずーっと話をして帰らないお客さんにも、
影でイライラを募らせていますw
顔は笑顔でも…気持ち感じ取れますよね(ノ∀`) アチャー
反面教師にしてる私です(爆!

投稿: Jun | 2008年12月16日 (火) 09時03分

Jun さん、こんにちは。
ははは、お客さまは、
笑顔の下に隠された思いを、
けっこう敏感に感じますが、
あえてそれを無視する図太い人もいます。
ほうきを逆さまにするぐらいでは、
なかなか帰らない方も、多いですね。
居酒屋時代は、
電気が点いているというだけで、
片づけをしていても入ってくる人がいました。
(、、、某先生のことかなあ)
私はそこで鍛えられましたから、
少しぐらいの遅れでは、
あまり、イライラしなくなりましたね。
(、、、某先生、ありがとう!)


投稿: かんだた | 2008年12月16日 (火) 22時30分

読んで思わず笑ってしまいました。

っていうのも昨日の夜、閉店間際にお蕎麦を頂いた者です。
少し酔いが回ってましたが、そちらの店を探し探し何とかたどりついたのです、女性の方の「聞いてきますね」という気遣いに感謝。
かんだたさんは「かえし」の仕込をしていたのでしょうか、甕を真剣に覗き込んでましたね。

それを見て自分も今日かえしを作ろうかと考えた所です(趣味で蕎麦打ちやってます)

ところで盛りはいつも女性の方がやっているのですか?
すこし気になりました。。。
蕎麦は美味しかったですよ。また行きたいと思います。

投稿: そばば | 2008年12月21日 (日) 11時10分

そばば さん、こんにちは。
あれっ、昨日のお客さまでしたか。
ご来店、ありがとうございました。
8時までとはいいながら、
お客さまがいらっしゃると、
9時頃までは開いていたりしています。
その時間までに、入っていただければ、
お客さまの勝ちです。

あっ、すみません。
もう閉店かと思って、
見苦しいところをお見せしました。
ちょうど、湯せんのたんぼの、
灰汁を取り除いていたところです。
営業中は、やらないのですが、、、。

また、迷いながら、
お越し下さい。

投稿: かんだた | 2008年12月21日 (日) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ターザンの石 その1 | トップページ | ぼくに名前をつけてください。 »