« すんだ冬の空気に花火が映える。 | トップページ | 事故米より、サラダの方がよっぽど危険。 »

2008年11月25日 (火)

そば粉の賞味期限は?>>>よく聞かれる質問

昨夜いただいた、
某イタリア料理(もどき)のレストランの、
生煮えのリゾット。
夜になって、胃がしくしくと痛み、
よく寝られない。
今日は、朝も昼も抜き。

ちょっと固いかなと思ったけれど、
五穀米ということで、
こんなものかな、
と、全部食べてしまった。
食べ物を残せない、貧乏根性が災いしたか。
ちょっと反省。

私の体調も悪かったかもしれない。
というか、体調が悪かったから、
リゾットを頼んだのだけれど、、、。
こんなもの、出すなよな!

ということはさておき、
引き続き、そば打ちについての、
よく聞かれる質問。

質問:そば粉の賞味期間はどのくらい?

みなさん、そば粉を買われて、
大切に保存していたりするようだけれど。

私の答え:そばを打つための、
    そば粉の賞味期限は一週間。

これは、ちょっと、厳しい見方。
(私はプロだから。)
さらに厳しい人は、
その日に挽いたものしか使わない、
という人もいるかもしれない。

挽きたての粉を使えば、
麺にした時に、そばはふわっと膨らみ、
滑らかな食感となる。

時間が経つにつれて、
ざらっとした食感になり、
粉っぽいそばになる。

だから、新鮮なうちに、そばを打つに限る。

ちょっと、見た目には、
そば粉は時間で変化しないので、
平気で、時間の経ったそば粉を使う方がいるが、
そばは繋がりにくくなり、
ぼそぼそに、切れてしまう。

そばが切れる原因はいろいろあるが、
聞いてみれば、
古いそば粉を使っている場合が多いようだ。

ほら、何でもそうだけれど、
何かを、やろうと思ったときが、
一番テンションが高い。

例えば、ダイエット。
朝早く起きて、散歩をするぞ、
とそう決めたときは、やる気満々。
最初の日は、気持ち良く歩いたりする。
三日ぐらいまでは、そこそこ、
気持ちが続く。
四日目に、雨でも降れば、
まあ、一日ぐらいは休んでもいいか。
五日目には、ちょっと疲れたから、
今日は休み、、、、、。

十日も経つと、
ああ、そんなことを思ったこともあったなあ、、
なんてことになる。
(単なる、私の場合の話だが。)

そば粉だって、
挽いたばっかりは、
しっかりつながって、
いいそばになろうという気持ちでいっぱいなのだ。

それが、三日経っても四日経っても、
そばになれないとイライラしてくる。
一週間ぐらいまでは、我慢しているけれど、
十日もすると、
狭いところに押し込められた、
そば粉同士で仲たがいを始めるものもいて、
うまくつながらなくなったりするのだ。

また、インターネットなどで、
そば粉を注文すると、
アルミコーティングされた袋で送られてくることが多い。

この袋に入っていれば、
半年位は風味を保てるといわれており、
そば粉屋さんによって、
賞味期限や製造年月日が打ってあったりする。

しかしながら、
それは、未開封での話。
一度封を開けてしまうと、
この袋のそば粉は、急速に劣化する。

だから、そばを打つ直前に開封し、
そこで使いきってしまうのが望ましい。

切れないそばを打つには、
まず、新鮮な粉を使うこと。
私は、近所のそば屋さんで、
手に入れることをお薦めしている。
流行っているそば屋さんならば、
週に一回か二回ぐらいは、
そばを仕入れているはずだ。
自分の打つタイミングに合わせて、
必要な分だけ、そば粉を買ってくればいいのだ。

魚も、新鮮なほうがおいしい。
野菜も、新鮮なほうがおいしい。
そば粉も、新鮮なほうがおいしい。
人間も、新鮮なほうが楽しい。
ん?

人間は、せめて、新鮮な頭を保つように、
努力しよう。


→→→人気blogランキングへ

|

« すんだ冬の空気に花火が映える。 | トップページ | 事故米より、サラダの方がよっぽど危険。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すんだ冬の空気に花火が映える。 | トップページ | 事故米より、サラダの方がよっぽど危険。 »