« 麺棒にそばがくっつく>>よく聞かれる質問 | トップページ | そば粉の賞味期限は?>>>よく聞かれる質問 »

2008年11月24日 (月)

すんだ冬の空気に花火が映える。

久しぶりに外食をしたら、
生煮えのリゾットを食べさせられてしまって、
お腹がむかむかして、気持ちが悪い。

レストランというのは、
ラテン語の「修復する」という意味の言葉からできた、
という話を聞いたが、
「修復」どころか、
気分も時間も、お腹も「破壊」されてしまった気がする。
値段は一流だったけれどね。
こっちのダメージも大きい。

Hanabi2 さて、昨日は長野市の初冬の風物詩、
恵比寿講の花火大会。
毎年、打ち上げ場所近くの、
知人の仕事場に招かれて見にいく。

多くの知り合いが集まるので、
花火を見ているより、
もっぱら、話をしたり、
用意された液体を消費したりするほうに、
熱心になってしまう。

今年は、それほど寒くなく、
風も少しはあって、
いい花火の夜となった。
寒さの中に空気が澄んで、
一段と花火が映える。

打ち上げ場所の土手は、
人でびっしりだったそうだ。
有料の桟敷席も、早々と完売されたそうだ。
真上にあがる花火は、
迫力そのものだ。

最近は、音楽と合わせて花火を打ち上げるプログラムもあって、
なかなか、飽きさせない。

Hanabi1 さて、この花火、
何の形に見えるだろうか。

実は、スポンサーは、
キノコ屋さん。
そう、
毎年キノコの形の花火をあげているのだ。
あっ、あれはシメジだ、
これは、エノキだなどといいながら、
どんな、形が現れるのか、
つい、期待して見てしまう。

さて、そば屋が花火を打ち上げるとすれば、
どんな形がいいのだろう。
ナイヤガラでは、当たり前すぎるし。

よおし、そのうちに、
「そば」の花火を打ち上げるぞ。
みなさんご期待を。
(いつのことだろう?)


→→→人気blogランキングへ

|

« 麺棒にそばがくっつく>>よく聞かれる質問 | トップページ | そば粉の賞味期限は?>>>よく聞かれる質問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麺棒にそばがくっつく>>よく聞かれる質問 | トップページ | そば粉の賞味期限は?>>>よく聞かれる質問 »