« 意外と好評「スペイン小町そば」 | トップページ | ちょっとピリ辛「唐辛子そば」 »

2008年10月24日 (金)

「新そば」登場!

Sinsoba お待たせいたしました。
いよいよ、新そばに切り変わりです。

周りのそば屋さんが、
今月のはじめ頃から、
「新そば」のノボリを掲げているのを横目で眺めながら、
じっと、がまん。
粉屋さんに、質のいい玄そばが入るまで、
じっと、がまん。
送風乾燥された、
香りのないそばをお出ししないために、
じっと、がまん。
やっと、出荷できる乾燥状態になった玄そばが、
北海道から届いたそうで、
その日のうちに挽いて、届けてもらう。

いつもの紙袋に、
くっきりと「新そば」の判子が押されている。
封を開ければ、しっとりとした触感。
顕微鏡で覗いてみれば、ちゃんと粉にも、
「新そば」って書いてある。(まゆつば!)
おお、さっそく打ってみよう。

新そばを打つ時には、
いつもながら少し緊張する。
水加減が分からないからだ。

「新そばは水を吸う」という人もいるが、
私の場合は、逆に控えめになる。
多分、乾燥具合の差によるものだろう、
少なめの水で仕上がる。

こねたときの膨らみ感が違う、
のしが滑らかに動く、
切りの歯切れがいい。

そうして、茹でてみれば、
ふわっと膨らみ、やや、緑がかった艶を見せる。
私の粉は、甘皮までは挽き込まないので、
それほどの緑は出ないが、
それでも、茹であげた瞬間は、
薄い緑がかった色を見せる。
それが洗いをすませると、
その緑は消え、つるんつるんの照りを出す。

しばらくおいて、その照りが消えた頃が、
一番の食べ時。

ごくっ。

まあ、「新そば」の味は、
ご自身でお確かめ下さい。


→→→人気blogランキングへ

|

« 意外と好評「スペイン小町そば」 | トップページ | ちょっとピリ辛「唐辛子そば」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意外と好評「スペイン小町そば」 | トップページ | ちょっとピリ辛「唐辛子そば」 »