« 株と映画「太陽はひとりぼっち」 | トップページ | 秋をさらに感じる「柿切り」。 »

2008年10月31日 (金)

秋たけなわの畑の野菜。(無農薬だぞ!)

長野は一昨日辺りから、
ずいぶん冷え冷えとした気候となった。
これが普通なのかもしれないが、
今まで暖かかったので、
ずいぶんと寒く感じる。

でも、まだ、私の畑は忙しい。
つい、先週までナスが収穫できたし、
レタスやルッコラもよく育っている。

Mabikina_2これは大根の間引きしたもの。
この菜っ葉も、
お浸しにすると独特の風味が。
うう〜ん、命の味がする。





Rakkasei 落花生の収穫。
今年は結構出来がいい。
採りたてをゆでて食べる、
「ゆで落花生」。
甘く、薄皮ごと食べられる。

でも、地元長野の人は、
あまりなじみがないようだ。

Karifurawa 青虫に葉を食べられて、
どうなるかと思っていたが、
立派に育ったカリフラワー。

別の場所では、ブロッコリーも
育っている。
虫食いにも負けない、
強い野菜だ。

Imo 掘ってみるまで解らないのが、
サツマイモ。
土を起こしてみれば、
至る所にモグラのトンネルがあった。
それも、あるけれど、
以外に少ない収穫。
う〜ん、まだまだ、
工夫が必要のようだ。

そんなこんなで、
まだまだ賑やかな畑の様子。
そばと一緒に、
採れたての、おいしく安全な野菜を味わっていただきたい、
そういう思いで、
休みの日は、畑仕事に精をだすのだ。

って、
ジジ臭くなってきたのかなあ。


→→→人気blogランキングへ

|

« 株と映画「太陽はひとりぼっち」 | トップページ | 秋をさらに感じる「柿切り」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 株と映画「太陽はひとりぼっち」 | トップページ | 秋をさらに感じる「柿切り」。 »