« 色のきれいな「菊切りそば」 | トップページ | ちょうど百年前に発明された。 »

2008年10月 1日 (水)

MSGってなんだろう?

Meg タイによく出かける、
お客さまからいただいたインスタントラーメン。
タイでは人気なのだそうだが、
シンガポールで作られたもの。
よく見ると、パッケージに、
「No MSG」の表示がある。

あれ、タイでは料理にたくさん使われると聞いていた、
MSGが使われていないのだ。
なるほど、食べ物への関心が高まり、
MSGを使わない食品に人気が出てきたのだね。

欧米では、このMSGは、あまり使われていないようだ。
でも、東南アジアや中国、そして日本では、
多くの食べ物に、かなり大量に使われている。
日本のスーパーでは、
MSGの入っていない食品を探すのが、
難しいぐらいなのだ。

別にMSGが危険なわけではない。
一部の国で、ベビーフーズなどの、
乳児へ与える食品での使用を制限している程度。
でも、MSGを使うことによって、
本来の味覚の感覚のバランスが、
崩れる恐れがあるといわれている。

だから、ほとんどの国では、
食品にMSGを使った場合は、
きちんと表示することになっている。

ところが、消費者より、
メーカーの方に顔が向いている日本のお役所。
MSGを全く別なものに換えて、表示させている。

関係大臣のたーくらたーな発言を聞いても分かる通り、
この国の政治家は、
自分達の主張を、
修学旅行の夜の枕投げのように投げあっていて、
国民の健康のことなんか、ちっとも考えていないのだ。

(注:たーくらたー→長野地域で使われる方言、
 意味はご想像におまかせします。)

ついでに言わせてもらえば、
心臓病のリスクを高めると言われている、
トランス脂肪酸についても、
未だに表示されていない。

今、食品についての不祥事や事件が騒がれているが、
日本のお役人は、
何か問題が起こるまでは、黙っておこう、、、
と言う魂胆のようだ。

だから、今や国民の舌はMSG漬けになっている。
必然的に味が濃くなり、
様々な成人病の原因にもなっているのだ。

食品にMSGがどのくらい使われているのか、
そういう量を含めて、表示するようにすれば、
消費者の選択肢も増えるような気がする。

えっ、MSGってなんのことだって。
そば屋の業界とも、ものすごく縁のあるものなのだ。
実は私もこの言葉を知ったのはごく最近。
海外では、そう表示されるのだって?
じつは、、、

ということで、また今度。


→→→人気blogランキングへ

|

« 色のきれいな「菊切りそば」 | トップページ | ちょうど百年前に発明された。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 色のきれいな「菊切りそば」 | トップページ | ちょうど百年前に発明された。 »