« 自家製無農薬野菜でのおもてなし。 | トップページ | 色のきれいな「菊切りそば」 »

2008年9月27日 (土)

サンマとそばの背中合わせの関係。

お彼岸が過ぎて、
急に涼しくなった、
というより、肌寒く感じる長野のこのごろ。
虫の音も高くなり、
いよいよ、秋の本番。

そんな秋の味覚といえば、
サンマ。

この塩焼きがおいしい。
といって、そば屋でサンマを焼くわけにもいかないので、
休日の夕食は、自宅のガスコンロで、
サンマをうちわで扇ぐことになる。

Sannma なにしろ、特大のサンマ、
焼き網には乗り切らない。
本当は七輪で炭をおこして焼けばいいのだが、
今時の住宅事情では、
そうもいかない。

ちなみに、サンマは、
長いまま、網で焼くのが一番おいしい。
(と、私は信じている)

長いから半分に切って、
フライパンやグリルで焼くと、
せっかくの腹の油がなくなってしまう。

家庭用のコンロの火は小さいが、
付きっきりで、うちわで扇ぐ。
そうしないと、落ちた油で、真っ黒になってしまう。
それに、網からはみ出た、頭や尻尾にまで、
熱風を送って焼くことができるのだ。

そうして、皮がぱりっとし、
肉がほんわりとした、おいしいサンマが焼き上がる。
これに、四国産のスダチをかけて、、、、
あれ、ないので、群馬産の辛み大根でいただく。

う〜〜〜ん、おいしい。

さて、
世の中には、「サンマそば」というものがあるそうだ。
なるほど、秋の季節を感じさせるいいメニューなのかもしれない。
ひょっとして、
そばの入った大きな丼の上に、
サンマが丸ごと入っていたりして、、、。

でも、
なかなか、そばとサンマの相性は良くない。
いや、少なくとも、
私のそばには合わないのかもしれない。

蒲焼きにしたり、甘露煮にしたり、
焼いてほぐして、甘酢につけたりしたが、
どうしても、油のにおいが気になってしまう。

ニシンとそばの相性のようには、
いかないようだ。

サンマはサンマで食べ、
そばはそばで食べた方がいいのかもしれない。

しかしながら、いろいろな調理法があるこの時代、
そばとサンマの意外な関係が、
いつ、どこともなく、
始まらないとも限らないのだ。

→→→人気blogランキングへ

|

« 自家製無農薬野菜でのおもてなし。 | トップページ | 色のきれいな「菊切りそば」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自家製無農薬野菜でのおもてなし。 | トップページ | 色のきれいな「菊切りそば」 »