« 本日は野菜の日 | トップページ | そばがうれしそうに尻尾を振っている。 »

2008年9月 2日 (火)

しっとりと大人のあじ「ミョウガ切り」

Myougaこの時期に穫れる、
おいしいもの。
ぷちぷち、シャキシャキ、
としていて、
ほろ苦い。
でも、味噌汁に入れたり、
刻んで、醬油をかけて、
ご飯と食べれば、
この上なく美味。

そう、ミョウガ。

我が家の草だらけの庭に、
探してみたら、これだけのミョウガが採れた。
草を押し分け、蚊の編隊飛行の攻撃をかわし、
土の上に、ぴょこっと飛び出した頭を探して、
地面を掘って取り出す。

もっとも、この仕事は、
我が家の収穫係の担当。
こうして採れたミョウガ。
店で、使わせていただかないわけにはいかない。

本日は、十割そばの夕べ。
みなさん、ご来店、ありがとうございました。

そこで、本日の変わりそばは、
このミョウガを使わせていただいた。
たっぷりと刻んだ、ミョウガを、
薬味に使ってそばを食べていただく、、、
、、ではない。
ミョウガを細かく刻み、
そばに打ち込んでみた。

前回の青じそ切りと同じく、
ひたすら、ひたすら、
包丁を使って、細かく刻み、
水にさらして灰汁を抜き、
さらに細かく叩いてそばに打ち込む。

Myougagiriそうして、
やっぱり、
ブツ切れになってしまったのは、
まだ、
刻み足りなかったのか。

あるお客さんいわく、
「全然わからないよ。
 腹が減っていたから、
 ぺろっと食べちゃった。」
すみません。
ミョウガは、たくさん食べると、
物忘れが多くなると言うでしょう。
だから、少々控えめに。
少なくとも、
お勘定は忘れない程度に。

でも、他のお客さまには好評だった。
「これ、気に入った。
 毎回、ミョウガにしよう。」
等と言う方も。
すみません、ミョウガは、今に季節にしか穫れないもので。

たしかに食べてみれば、
ふわっと、ミョウガ独特の香りが、
鼻先0.5ミリ先をただよう。
特に、後に残る、苦みのようなものが、
ミョウガそのものの味だ。

こういう打ちにくいそばも、
きれいに打てるようになることが、
私の課題。
太くすればいい、、というのは、
最後の手段だね。

今回も十割に一工夫。
今朝、皮を剥いてもらったそばの実を、
ミルミキサーで挽いて混ぜてみた。
こんな、仕事でも、
しっかりと、味が立っている。
こういう方向のそばもあるのかもしれない。

ということで、いろいろ実験させていただいている、
「十割そばの夕べ」
皆さん、ありがとうございます。


→→→人気blogランキングへ

|

« 本日は野菜の日 | トップページ | そばがうれしそうに尻尾を振っている。 »

コメント

ごちそうさまでした。
調整に失敗して空腹限界で参加してしまい
みょうがのほのかな香りを楽しむ余裕もなく
頂いてしまいました (^_^;)
十割は、いっけん荒そうに見えましたが
香りも食感も良かったですよ。
(コメントに真実味が...ないですね)

投稿: ぴょんきち | 2008年9月 3日 (水) 08時36分

ぴょんきち さん、こんにちは。
御参加ありがとうございます。
いえいえ、すっと食べて頂けただけでも、
うれしく思います。
なにしろ、過去には、箸が止まってしまうそばがありましたからね。(う〜こん、汗)。
また、実験台になって下さい。

投稿: かんだた | 2008年9月 4日 (木) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日は野菜の日 | トップページ | そばがうれしそうに尻尾を振っている。 »