« 善光寺商法 | トップページ | 新そばの試し打ち »

2008年9月12日 (金)

畑の野菜は、いつもたくましい。

相変わらず、休日は一日、畑仕事。
夏の草の勢いは、弱まったが、
まだまだ、草取りや、整理に追われている。

Cara そばの花と、
その他の雑草が茂り放題だったカボチャ畑。
草を整理したら、
けっこうゴロゴロと、
出て来た。
もう、すでに、二十個以上採って、
家にも店にもゴロゴロしているのに。

たった二株植えただけなのに。
この生命力はすごい。

皆さん、カボチャを食べましょうね。
それでも余る時には、
そばに打ち込もうかなあ。

Hiyoke_2 この夏に重宝したのが、
この日よけ。
夏の強い陽射しの半分を遮ってくれるので、
いつもだったらやけてしまう葉ものが、
順調に育った。
ほら、サニーレタス、
サラダからし菜、小松菜に、
ルッコラもある。

ええっ、
草だらけに見えるって?
たしかにその通りだけれど。
隣のネギも順調。

Hakusainome 先週蒔いた、白菜の種が芽を出した。

白菜の種は、
本当に小さい。
こんな、小さな種から、
あんな、大きな野菜が出来るのだろうか、
そう、不安になるほど、小さな種だ。

蒔いたばかりの種を、
鳥に食べられないために、
いつも、種まきは夕方薄暗くなってから。

一か所に、数粒づつ置いていけばいいのだけれど、
薄暗くて、種は小さくて、
う〜〜〜〜ん、よく分からんぞ。

そうして、苦労して蒔いた種だけれど、
なんとか芽を出してくれた。

でも、
あれ、
何か違うものが一本あるぞ。

一番背の高い奴。
茎は赤い。

そう、そばの残り種が、
ちゃっかり生えているのだ。

生存競争の激しさは、
畑の作物も同じなのだなあ、、、
と、ここは、おじさんらしい解釈。

週に一度しかいけない畑だが、
彼らの、静かなやり取りは、
下手なドラマより、よっぽど面白いのだ。

野菜だって、草だって、
生きているんだなあ。
その、いのちを貰って、
したたかに、
いきるぞ〜〜〜〜ぉ。


→→→人気blogランキングへ

|

« 善光寺商法 | トップページ | 新そばの試し打ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 善光寺商法 | トップページ | 新そばの試し打ち »