« モロヘイヤそばの日 | トップページ | 今年の新そばは? »

2008年8月26日 (火)

そば打ちをいつまで続けられるか?

北京オリンピックが終わった。
私は、まったく競技を見る時間はなかったけれど、
数々のドラマがあったようだ。
お盆の忙しい時期で、
せいぜい私は、
新聞でチェックする程度。

その中で、気になった記事。
競泳女子50メートルで、
アメリカのダラ・トーレスが、
トップとの差、わずか0秒01で、
銀メダルを取ったという。

彼女は1984年のロサンぜルスオリンピックで、
リレーで金メダルを取って以来、
北京は5回目のオリンピック。
年齢は41才。
2歳になる子供がいるという。

私も、若い頃、水泳の競技に関わっていたが、
昔は、特に女子は、記録のピークは、
十代後半だと言われていた。

それが、41才になっても、
世界のトップレベルを保っているのだ。

彼女は、二回も、水泳を引退したのだが、
また戻って来た。
トレーニング方法が研究されているとはいえ、
並みならぬ精神力が必要なことだろう。

今は、一流と言われる選手たちの寿命が延びているそうだ。
今回銅メダルを取った、背泳の中村礼子。
彼女だって26才。
これは、大いに褒められる記録ではないだろうか。

陸上のリレーで銅メダルを取った朝原宣治も、
なんと36才。

ううん〜〜ん。
年齢にとらわれず、がんばっている人はいるのだ。

そば打ちだって、
肉体との戦い。
一種のスポーツと同じ。
充分に身体を鍛え、養生し、
長い間打ち続けられるように努めなければ。

んっ、ちょっと、オリンピックとは、
レベルが違うかも。


→→→人気blogランキングへ

|

« モロヘイヤそばの日 | トップページ | 今年の新そばは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モロヘイヤそばの日 | トップページ | 今年の新そばは? »