« 薬味にワサビを付けない理由。 | トップページ | テーマは「そばの革命」だなんて。 »

2008年7月 8日 (火)

店でしか飲めないビールを!

お待たせしました。
生ビールの登場です。

Cerveza2 先ずは一口。

ブワァー。
なんともいえない。

この、細かい、
泡とともに、
喉の奥に流れて行く、
こういう感覚がたまらない。

ビールが苦手な(?)私だって、
思わず、
ゴクッ、ゴクッと、
飲んでしまうのだ。

こんな、細かい、
きれいな泡を作るのは、
難しいのだろうなあ。

よく、店で頼むと、
大きな泡になって、
置いておくと、
すぐに泡が消えてしまうことが多いけれど。
この細かい泡は、
なかなか消えない。

こんな、細かい泡で、
きれいに注いだのは、
いったい誰なのだろう?

Cerveza3_2 なんて、もったいぶっている暇はない。
お客さまからの、
かねてからのご希望に応じて、
ついに、
ついに、
置き場所に迷った挙げ句、
ついに、
値段に迷った挙げ句、
ついに、
生ビールを導入したのだ。

設置にあたって、
ちゃんと、ビール会社の人が来て、
「おいしいビールを提供する方法」を、
一時間以上かけて講習してくれる。

そんなの判っているよ。
私は、12年間も、
居酒屋でビールを注いで来たのだから、、、
と思っていたら、
やっぱり、
それなりのコツがあるのだ。

目の当たりに、
今までの自分の方法と、
ビール会社の人の方法を、
比べられると、
ぐうの音も出ない。

やっぱり、基本に忠実に、
おいしいビールをお出ししなければ。

Cerveza1 おいしいビールを作る原則は、
毎日の機械の洗浄、
ジョッキの洗浄。

きれいなジョッキで、
きれいに注がれたビールは、
こうして、泡の輪が出来る。

ええと、私は、
このビールを、5口で飲んだのだね。

少しでも、おいしいビールを、
お客様に飲んでいただくために、
きちんとした仕事をしなければ。
ビールメーカーの方に、
しっかりと教わった。

そばだって、
そういう基本的なことを、
きちんと続けることが、
一番大切なことなのだろうなあ。

おいしいビールを飲みながら、
やけに、素直な気分になってしまった。

→→→人気blogランキングへ

|

« 薬味にワサビを付けない理由。 | トップページ | テーマは「そばの革命」だなんて。 »

コメント

美味しそう__!!
アルコールに弱~い 私ですが 休日にでも 飲みたいですネ。

投稿: きーまま | 2008年7月 9日 (水) 03時58分

きーまま さん、こんにちは。
はい、おいしいです。
私も、別の意味でアルコールに弱いのですが、つい、味見が進んでしまいます。

投稿: かんだた | 2008年7月 9日 (水) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薬味にワサビを付けない理由。 | トップページ | テーマは「そばの革命」だなんて。 »