« ちょっとブツ切れ「かつお節切り」 | トップページ | 薬味にワサビを付けない理由。 »

2008年7月 4日 (金)

ワサビ芋をおろして、そばの薬味に。

さて、前々回に引き続き、
本ワサビの話。

皆さんは、もりそばを食べる時に、
薬味にワサビ(練りワサビ)が付いていたら、
どのように食べるのだろうか。

1、そのままつまんで、口に入れる。
2、そばにワサビをまぶして食べる。
3、そば汁の中に入れて、溶いて食べる。

私は、ワサビは、そのままいただいて、
酒の肴にしてしまう。
まあ、1番のような、こんな食べ方をする方は、ごく稀だろう。

2番目の食べ方をする方も、
フォーブスの長者番付に名前が載るぐらいの確率で、
いらっしゃるかもしれない。

でも、ほとんどの方は、
ワサビをそば汁の中に落として、
かき混ぜて、溶かして召し上がるのではないだろうか。

では、寿司屋の親父さんがやっていたように、
鮫皮おろしで、ワサビの芋をすりおろして、
そば汁に溶いて、そばを食べてみよう。

これで、ワサビの風味の利いたそばが食べられるはず。
ところが、、、、、。

おろしたワサビが、塊になっていて、
そば汁に溶けていかない。
確かにワサビらしい風味はするけれど、
もっと、よく、汁に溶けないものなのか。

どうやら、目の細かい鮫皮おろしでワサビをおろすと、
ピリッとした辛みは出るものの、
塊になって、汁に溶けにくくなるようだ。

そこで、粗いおろし金でおろしてみる。
ところが、本ワサビは、
粗くおろすと、あまり辛みが出ないのだ。
だから、まな板の上に移して、
砂糖をほんの少しだけまぶし、
包丁で軽く刻んでみる。

味見をすると、
ツーンと鼻に抜ける香り。
これをそば汁に落としてみると、
表面にさっと広がり沈んで行く。
この方が、そばの薬味としては使い易い。

Wasabi3 なるほど、
寿司屋には寿司屋の、
そば屋にはそば屋の、
ワサビの芋の使い方があるのだ。

でも、
でも、
寿司屋の親父が言っていたように、
ワサビを汁に溶いてしまうと、
せっかくの辛さが、
感じられなくなってしまう。

確かに、汁に落とすと、
ワサビの爽やかさは感じるのだが、
あの、ツーンとくる辛さが無くなってしまうのだ。
だから、本ワサビでそばを食べる時には、
少しだけ、そばにまぶし、
その部分を汁に浸けずに食べた方が、
辛みを味わえる、、、。
ほら、フォーブスの長者番付に載ったような気分になるでしょう。

、、、まあ、好き好きだけれども。

汁に溶いても辛さの残る、
チューブ入りの練りワサビは、
本来のワサビとは、別のものと考えた方がいい。
それなりの工夫をして、作られたものなのだ。

えっ、どうして、お前の店では、
チューブ入りでもいいから、
薬味にワサビを付けないのかって?

それはねえ、、、。
また、次回に。


→→→人気blogランキングへ

|

« ちょっとブツ切れ「かつお節切り」 | トップページ | 薬味にワサビを付けない理由。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっとブツ切れ「かつお節切り」 | トップページ | 薬味にワサビを付けない理由。 »